幼児、小学生対象の「ビデオで英語絵本暗唱大会」を実施。さて、その実力は?

東京都の池袋と埼玉県の川越にある「ニッセイト英語専門教室」では、『ビデオで英語絵本暗唱大会』を実施しました。

小学生部門で入賞した生徒さんのビデオをご紹介します。

ニッセイト英語専門教室に通う生徒さんたちは、ほとんどが週1回のレッスンを受けています。週1回では、大した英語力はつかないという人もいますが、そんなことはありません。1位で入賞したYumeちゃんは現在小学校5年生。2才でニッセイト英語専門教室に入学し、週1回のレッスンを受けています。発音だって、帰国子女に負けません。

最近では、英語が話せるようにと英語のプリスクールに通わせている方もすごく増えているようです。しかし、英語のプリスクールに通わせれば英語が話せるようになるかというと、そんなことはありません。

 

英語のプリスクールを卒園し、小学校に入学した生徒が、英語力を維持させるためにオンライン英会話Sレッスンを初められる方はすごく増えています。しかし、レベルチェックをさせていただいて、唖然とすることがあります。3年間も英語のプリスクールに通っていながら、英語の会話能力がほとんどない生徒さんたちがいるのです。

確かに、その英語プリスクールには、ネイティブの先生がいたのでしょう。でも、だからと言って、子供は英語が話せるようになるわけではありません。現在の日本の英語教育界では、ネイティブ講師が非常に不足しています。ということは、スクールによっては、外国人であれば「英会話講師」として採用しているようなところもあるのです。通いの英会話スクールであれ、オンライン英会話スクールであれ、保護者はそこをしっかりと見定めなければいけません。さもないと、貴重な時間とお金をどぶに捨てていることになってしまいます。

講師は、英語をたくさん聴かせ、発話を促し、うまく言えたら褒めてあげ、英語を話すことに自信を与え、クラス全体が英語を話すことに活性化するように導ける講師でなければ、子供たちの英語力UPは期待できません。

そんな英語プリスクールに通わせるなら、日本をしっかり教えてくれて、幼児教育に必要な人間教育に力をいれている幼稚園の方が、よっぽど子供たちの将来性があります。

このご時世、大切なのは『時間』です。いかに時間を効率的に使い、最小限の時間で最大限の効果を生み出すかが大切です。

オンライン英会話だってそうです。
ただ、たくさん、レッスンを受ければ上達するかといったら、そうでもないです。
その生徒さんの意気込み、レッスンの内容、カリキュラム、講師の質に左右されます。ですから、生徒さんやその保護者の方は、しっかりとそのスクール、講師を見極めなければなりません。

ビデオで英語絵本暗唱大会の入賞者の動画、ニッセイト英語専門教室のHPサイトでご覧になれます。

ビデオで英語絵本暗唱大会 ( Video Recitation Contest ) 2019

来年は、子供オンライン英会話Sレッスンでも「ビデオで英語絵本暗唱大会」やってみますか?賛同の声が上がれば、検討します。