中3英語新学力テスト実施

本日の朝日新聞の朝刊に載っていた記事です。

新テストの実施は2019年度からとしています。
どのように変わるのか?
大きくは、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を測るテストに変更されるとのこと。
では、誰が話すテストの試験管になるかというと学校の英語教師だそうです。
現在の中学校の英語教師でも英語を話せる先生はだいぶ増えてきたと思いますが、果たして後3年で生徒の英会話力を判定するだけの力を養えるか疑問です。

しかし、確かなことは日本の英語教育は間違いなく「読む・書く・聞く・話す」の4技能を重視する方向に舵が切られてきたことに間違いありません。

英会話ができるだけでもダメなんです。リスニングはもちろんですが、書くこともできなくてはいけません。書くというとこは和訳ではありません。自分の思いを論理的に文章化するということです。こういった能力は一夜漬けの学習では身に付きません。

これからのオンライン英会話【Sレッスン】にも、中学校の教師が英会話練習の場を求めて登録してくることでしょう。先生たちは、忙し過ぎてとても英会話スクールに通う時間は取れそうにありませんから。オンラインであれば自宅でも職員室からでも英会話練習ができます。ぜひ、「おしゃべりパートナー」をオススメしたいですね。中学校、高校の英語先生も大歓迎です。

2016-0511Asahi