TAGAKIマラソン スタートします!

Sレッスンでは、mpi松香フォニックス研究所とタイアップし、「TAGAKIマラソン2021」をスタートさせます。

TAGAKIって、ただ書くだけではないんです。

TAGAKIの教材の基本コンセプトは、「考える」→「書く」→「伝える」をくりかえし、思考力・判断力・表現力を鍛えること。最終目標は、英語で自分発表できる力を育むことです。

4才から、子どもオンライン英会話Sレッスンで英語学習を始めたShioriちゃんはこの春から小学校3年生。昨年12月からスタートしたTAGAKIマラソンに参加しています。現在は、TAGAKI 10もほぼ中盤。最近では、書くスピードも上がり、発表力もついてきました。

3月にChisatoコーチとのセッションの様子を録画し、編集しました。
ぜひ、ご覧ください。

Shioriちゃんのお母さんにもお話をうかがってみました。

TAGAKIマラソンにチャレンジしてみようと思ったきっかけは何ですか?
オンラインレッスンやオックスフォードリーディングクラブなどで、「話す」「読む」という力が少しずつ付いていると感じていたので、そろそろ書くことも取り入れたいと思っていました。何かいい方法はないかと探しているなかでTAGAKIを知り、やらせたいと思っていました。しかし、使い方や継続ができるかとの不安があり始められずにいたところ、タイミングよくSレッスンでTAGAKIマラソンが開講されたのでお願いすることにしました。

TAGAKIマラソンのどんなところに魅力を感じられましたか?
一番はコーチがいるので、メッセージのやり取りやコーチングセッションを通して、やる気が維持しやすいところです。 また、ちさとコーチが娘の良いところをたくさん伝えて下さるので、娘は凄く嬉しいようです。マラソンという名前のとおり、長く続けていくためには一緒に進んでいってもらえるというのは心強いです。

スタートしてから3か月。学習成果は期待通りですか? どんなところに満足されていますか? また、これまでのサポート以外で望まれることはありますか?
英文を書くのがあまり好きではない娘ですが、何回もでてくる単語は覚えてしまうので、書くスピードが早くなりました。 コーチングセッションでは、ジェスチャーをしながら発表をするのですが、初めは恥ずかしがっていた娘も今はちさとコーチに伝わるように、内容に合わせて動きを考えています。発表も笑顔でできるようになり成長を感じます。

(注)TAGAKIマラソンは、mpiが商標登録しています。他社で許可なく、「TAGAKIマラソン」の名称を使うことを禁じます。

※Chisatoコーチが指導できるのは、残り4名です。希望者は事務局までご連絡ください。

中学校の英語教科書が劇的に変わりました!

2021年度、新指導要領に基づき、英語教科書が劇的に変わりました。

理由の一番大きな原因は、2020年から小学校で英語が教科になったことです。小学校では、約700語くらいの単語が紹介され、中学校ではその単語に更に1500語くらいが上乗せされています。

中学校では、これまで英検3級程度の英語力が求められていました。しかし、新しい中学校の新・英語指導要領では、英検準2級程度の学習内容になっています。しかしも、4技能5領域を目標にしています。

4技能5領域とは、話す、聞く、読む、書くの基本的な4技能の他に「発表する」という学習目標が加わりました。ただ、会話ができるだけでは不十分なのです。

この背景には、世界における日本人の実用英語力の低さが影響しています。

2020年度のEPI英語能指数は、100ヶ国中55位だったそうです。高校生の数学リテラシーは、世界第5位、科学リテラシーは世界でも台2位だそうです。

それだけ、高い教育水準にありながら英語は世界でも非常にレベルが低いのです。

なぜでしょう?

圧倒的に、日本の英語教育にOutput学習が足りないのです。英語を使う練習が足りないのです。

そのため、文科省は急いで日本の英語教育を変えようとしています。

小学校の英語教科書も、中学校の英語教科書も非常に、実用英語の習得を目指した内容に変わりました。

しかし、危惧されるのは、あまりにも急すぎるのです。
子どもたちは、この教育改革についてこれるのでしょうか?

ニッセイト英語専門教室やオンライン英会話Sレッスンでこれまでしっかり英語4技能を学習してきた生徒さんならなんの戸惑いもないでしょう?
しかし、多くの生徒さんはそうではないはずです。

小学校5年生では、英語が読めることが前提で教科書がつくられています。英語フォニックスの指導できる先生がどれだけいるのでしょうか?

子どもたちは、昔のように英語にカタカナをふって英語を読めるようにするのでしょうか?(泣)

こんな、状況をいち早く、池袋と川越のニッセイト英語専門教室に通っている生徒さんの保護者にはお伝えせねばと、4月3日(土)に


知らないと大変! 中学英語教科書が激変!  <緊急説明会開催>

と題し、午前と午後に緊急オンライン説明会を開催しました。

ご関心のある方には、当日の説明会の録画をYouTubeで観れるようにしました。
info@s-lessons.com
にご連絡いただければ、そのURLをお伝えします。

英語漬けアメリカンスタイル・サマーキャンプ

主催:イングリッシュアドベンチャー(English Adventure)

コロナ禍にあり、いろいろ不自由を強いられている今日ではありますが、子どもたちにとって英語体験は貴重です。

国内にいながら、アメリカで子供たちが過ごすようなキャンプ体験ができると好評なのが、イングリッシュアドベンチャー主催のサマーキャンプです。

英語のレベルによって3つのプログラムが用意されています。

・日本語禁止の帰国子女及びネイティブ向けの「英語チャレンジコース」
・英会話学習者向けで、日本人スタッフのサポートもある「英語チャレンジプラス」

詳しくは、イングリッシュアドベンチャーのウェブサイトをご覧ください。
なお、お申し込みの際、クーポンコード【NISSAIT】を入力すると3000円OFFになりますので、ご利用ください。

Raz-Kids ラズキッズってどんな感じ?

ラズキッズの問い合わせが最近すごく増えています。

話には聞いたことがあるけど、よくわからない、という人も多いのではないでしょうか?

百聞は一見にしかず。

いろいろ文章で説明されるより、誰かがやっているのを見るのが一番ですね。

そこで、子どもオンライン英会話Sレッスンの新しいスタッフであるNatsuki先生に、Raz-Kids ラズキッズを使ってもらいました。

英語学習で大切なのはインプット学習とアウトプット学習です。インプット学習がなければ、英語の上達も限られてきます。 どうやって新しい語彙を学び、表現を増やしていくか? 一番効果的なインプット学習は読書です。

子どもオンライン英会話では、ラズキッズ(Raz-Kids)や、ORC(Oxford Reading Club)といった多読を推奨しています。家庭学習で読書をし、オンラインレッスンで読んだ本について先生とお話ししたりできれば、理想的なインプット学習とアウトプット学習が可能になります。

オンライン多読多聴Raz-Kidsラズキッズ人気上昇中!

今年に入り、Raz-Kids(ラズキッズ)の入会が急増しています。やはり大学共通テストの影響でしょうか?

年明けに2月から1年間使えるアカウントの募集を開始しましたが、あっという間に一杯になってしまいました。

現在は、3月から使えるアカウントの募集を始めました。

大学共通テストで何か起きたか?
そう、リスニング問題が倍増、読解問題が急増したのです。

多くの受験生は問題量が多くて大変だったといった感想を漏らしていました。そう、長文の文章慣れしていないため、問題の長文に圧倒されてしまい問題を最後までやりきれなかった学生の方が多かったようです。

昨年あたりから、英語多読はにわかにブームになりつつありましたが、この大学入学共通テストにより、多読の必要性が一気に高まったようです。

「多読」という言葉を聞くと、すごくハードルが高そうな感じも受けますが、大切なのは簡単な本をたくさん楽しむこと。

【英語多読で大切なこと】

1.辞書は使わない
2.優しい本をたくさん読み、分からなければ飛ばす
3.面白くなければやめ、他の面白そうな本を読む

小学1年のMaiちゃんは、最近 Raz-Kidsを始めました。
お父さんに、その様子をビデオ撮影していただきました。


フォニックスを習うならHeadsprout ヘッドスプラウト

Headsprout って何?
Head=「頭」、Sprout=「目」です。
つまり、頭から目が伸びてくるように、知識の目が伸びるようにするため
といった意味合いが込められているのではないでしょうか。

https://youtu.be/xFIqODCVlqs

言葉の学習に文字は不可欠です。日本語もそうですが、読めると語彙習得速度が急速に上がり、上達度がまします。
一昔前は、英語にカタカナなフリガナをつけて英語の発音を記している人が多くいましたが、それでは正しい発音は学べません。
英語を読めるようにするために、いまやフォニックス学習は常識になってきました。
しかし、英語の先生であってもフォニックスの指導できる人はまだ少ないのが実情です。

しかし、画期的なフォニックス学習プログラムがHeadsprout ヘッドスプラウトです。なぜ、画期的か。それはゲーム感覚で遊びながらフォニックスのルールを覚えることができるからです。
音を聞きながら正しいと思う文字を選ぶ。ゲーム感覚遊びながらフォニックスが学べます。

子どもオンライン英会話Sレッスンでは、希望者にHeadsprout(ヘッドスプラウト)の1年間有効のアカウントを提供させていただきます。

Headsproutヘッドスプラウトの紹介

Headsprout のアカウント希望の方は、事務局まで

これからの英語力は読解力とリスニング力

今朝の朝日新聞で、大学入試共通テスト英語問題が取り上げられていました。

注目すべき点は、リスニング問題が大幅に増えたこと。そして、文章読解問題がかなり増えたこと。つまり「使える英語力」がより求められるようになったといえます。

今回、多くの受験者が問題を読むのに時間が足りなかったと感想を述べています。大量の英語の文章を読むのに慣れていないのです。

今、子どもオンライン英会話Sレッスンでは、オンライン多読・多聴のRaz-Kids, Oxford Reading Tree のオンライン多読ORCを利用される方が急増しています。時代の背景には、大学入試改革の影響があるように思います。

オンライン英会話Sレッスンでは、英検にチャレンジしている生徒さんがたくさんいらっしゃいます。小学生で英検2級、準1級に合格している生徒さんもたくさんいます。そういった高い英語力を持つ生徒さんの共通点は読書習慣があることです。読書により語彙をどんどん増やしています。

今は、英語の書籍は図書館や本屋さんに行かなくても入手できます。そう、オンライン多読です。読んでくれる機能もあるのでリスニング力もつきます。

しかも格安。Raz-Kidsは1年間、絵本が読み放題でたった2,000円(税別)です。
イギリスで国語の教科書にもなっているOxford Reading Tree が読み放題になっているORCは月額1,500円で読み放題。

まだ、ご利用されていらっしゃらない方、始めてみませんか?

オンライン多読・多聴 Raz-kidsk(ラズキッズ)

オンライン多読・多聴 Raz-kidsk(ラズキッズ)

オンライン多読・多聴 Oxford Reading Club

オンライン英会話のメリットとデメリット 

便利である反面、弱点も!

ある生徒さんの保護者の方から、こんな問い合わせいただきました。

今の先生が、来月からレッスンができないと連絡がきました。
正直なところ、先生探しに疲れました。 良い先生に出会えたかと思えば、色々な事情でお辞めになったたり。 娘も先生が変わるたびに、お互いに探り合いになるのが嫌だと言っています。 定期的かつ安定的にレッスンをしていただける先生を希望します。

お気持ち、ごもっともです。
オンラインの魅力は、始めやすさと、辞めやすさかもしれません。

オンライン英会話Sレッスンは、池袋と川越にそれぞれ250名を超えるスクール「ニッセイト英語専門教室」から派生しました。

入会には入学金(10,000円)がかかります。体験レッスンを受け、レベルが合い、気に入ったクラスがあれば入学となります。入学申込書の記入、そして口座振替の手続き。入学に関しては、授業料だけでなく、教材費、諸経費が発生します。退学も、当月5日までに書面で提出していただく必要があります。

プライベートレッスンでも同じ手続きが必要です。プライベートレッスンでは通常、講師を選ぶことはできません。自分の希望する時間を伝え、その時間で対応できる講師が担当となります。

ところが、オンライン英会話は非常に簡単です。

入会時にポイントがもらえて、希望する先生のレッスンを受けることができます。それも、通学が必要がないので、隙間時間でレッスンを受けることができます。先生が希望と合わなければ別の講師を予約すればいいのです。

解約は自由です。購入したポイントがなくなれば終了です。事務局に書類を出す必要もありません。

しかし、その気軽さ上にまたいろいろな問題が発生します。

気軽にキャンセルされる。
いろいろな講師に習っているようで、指導内容に戸惑う
長期に継続していただけると思えば教材選びが異なる

Sレッスンでは、講師登録は非常に厳しくしています。
登録希望者に対して、実際の登録は5%未満です。

子供英語指導の経験が十分にあること。
長期にこの仕事を継続できること。
Sレッスンの指導方針を守れること。
デモレッスンを行ってもらい、Sレッスンが子供たちを託せると判断できること。

そんな厳しい採用基準を潜り抜けて採用した講師でも
レッスン予約が入らないと、辞めて別な仕事を検討せざるを得ない状況が生まれることもあります。

ただ、私が一番お伝えしたいのは、長くお世話になっていた講師が辞めざるを得なくなった時、次の講師を探すのが非常に億劫だから、「もういいや」となってしまって欲しくないことです。

Sレッスンには優秀な先生方がたくさん在籍しています。

一期一会

私たちは人と人の出会いの中から新しい未来を発見することができます。

今の自分がこうして英語教育に専念しているのも、中学時代の一人の先生との出会いがあったからです。

Sレッスンには、皆さんの将来を左右するような先生がたくさん在籍しています。

ぜひ、一人ひとりの先生との出会いも、貴重な体験と思い、次の先生をお子さんのために探してみてください。

もし、「多すぎてわからない」とお感じになるようでしたら、Sレッスン事務局に一報ください。お役に立てるかもしれません。

また、来年は、もっとたくさんのオンライングループレッスンを提供していきたいと考えています。

グループレッスンは、毎週同じ曜日の同じ時間に同じ講師とメンバーでレッスンが行われます。

一番のメリットは、学習の習慣化ができるということです。

予約の必要もありません。
年間を通してのカリキュラムがあり、テキストがありますから
進捗状況も非常にわかりやすいです。

また、お友達の存在が良い意味での刺激材料となります。
「自分がだけ、宿題をしていなかったら恥ずかしい」
「○○ちゃん、すごいな」「自分もあんなふうになりたいな・・・」

皆さんのご要望をお聞きし、どの曜日にどの講師のグループレッスンを設けるか検討していきます。

是非皆さんのご要望をお聞かせください。

子どもオンライン英会話事務局 諸田俊明

小学5年生、英検準1級合格!

小学5年生のダリアちゃんはこの秋、見事英検準1級に合格しました。

ダリアちゃんがSレッスンでオンライン学習を始めたのは小3の時。他のオンライン英会話を利用していましたが、英検2級の壁を感じ、Sレッスンにたどり着きました。

ダリアちゃんは、帰国子女ではありません。しかし、1歳から英語のベビークラスに通っていたそうです。しかし、小学生になり、送り迎えの負担が増し、オンライン英会話に切り替える決断をしました。

自宅でも小さい時からYoutubeに親しみ、英語の理解力は非常に高かったといいます。アウトプットの場として、自宅で好きな時間にレッスンが受けられるオンライン英会話は非常に適していたようです。

小学生になってから始めたオンライン英会話は、フィリピン在住の講師を使った格安英会話。最初のうちは、すごく満足していたとのこと。でも、続けていくうちに「このままでいいのかしら・・・」と疑問が芽生え始めたとのこと。

先生が選べない、
先生によってクオリティーがバラバラ
ただ英語が話せるだけの人が教えているケースがある
ネイティブの発音、ってこれでいいのかしら?
テキストを進めるだけ?

いろいろなオンライン英会話を試す中で出会ったのが「子供オンライン英会話Sレッスン」。

お母さんは、ここで「Sレッスンは本当に子どもの英語教育を考えているプロ集団」と感じていただいたとのこと。

お母さんとのインタビューを、Sレッスン体験談のページに掲載させていただいています。

また、講師のインタビューも同時に掲載しています。どんな教材を使い、どんな指導を心掛けてきたのか。ご興味のある方はぜひ、お立ち寄りください。

Sレッスン体験談


TAGAKIマラソン スタート!

大変お待たせいたしました。

TAGAKIマラソンをスタートさせます。

マラソンというタイトルですが、レースではありません。
TAGAKIというmpi 松香フォニックス研究所出版の多書き教材を使ってシリーズを全クリアして『 伝えるための英語力 』を養うためのコースです。

TAGAKI 10
TAGAKI 20
TAGAKI 30
TAGAKI 40
TAGAKI 50
TAGAKI Three Reasons
TAGAKI Around the World
TAGAKI SDGs

TAGAKI 10 は英検でいうと4級を合格しているような生徒さんからが対象となります。 まずは、簡単な文章が読めること。
TAGAKI 10 から TAGAKI 50までをハーフマラソンと呼ぶことにします。
TAGAKI Advanced シリーズは、英検準1級レベルです。これを全部クリアしてゴールとなります。これをTAGAKIフルマラソンと呼びます。

TAGAKI 10の内容はどうな感じ?
テキストのサンプルは、TAGAKIのサイトで紹介されています。
こちらをご覧ください。(テキストサンプル)

https://tagaki.jp/trial_10/

TAGAKIは名前の通りたくさん書くことを目的にしていますが、その効果はライティングだけのスキルアップではありません。英語の総合力UPを目指します。

日本人は、とかく自己表現が苦手です。
書くことと言えば、日本語からの和訳です。
しかし、こんな学習ではいつまでたっても自由作文も書けなければ論文などもとても書けるようにはなりません。

TAGAKI で大切にしていることは、まずは例文を見て、聞いて、考えること。
そして、自分の思いを文字化し、伝えることです。

自分のことを書くのに正解はありません。
TAGAKI の基本指導コンセプトは、「添削をしない」です。

TAGAKI 10から始めてTAGAKI 50 が終了する頃には英検準2級のライティング問題も難題ではなくなるでしょう。

添削はしません。進み方のペースは個人走者次第で自由です。添削はしないので、ゴールまでのサポート役は講師でなくコーチとします。

毎回、ページごとに書いたページをコーチに写メで送ります。
コーチは、その都度、状況を判断し、励まし、アドバイスし、ゴールまで完走できるようサポートします。1ヶ月に1度、オンラインによるコーチングを行います。

コーチングは、生徒さんが書いたものが自分のものを声に出して、発表してもらいます。進み具合いの確認、理解できているかの確認、目標ゴールに向けて勇気づけを行います。

初回の対象生徒さんは2名です。
月額料金は、お試し価格で月額たったの3,000円。特別価格です。

コーチ役の講師は、mpiの講師トレーナーでもあるマティックスちさと先生です。

生徒さん、保護者の方とコーチをつなぐコミュケーションツールはCOMIRU(コミル)です。LINEの利用も兼ねた専用アプリを利用することで、添付ファイルを用いた双方向のコミュニケーションが可能となります。

初回は、生徒さん、保護者の方を対象に、担当コーチ、そして事務局の諸田でオンラインによるオリエンテーション(25分)を行い、今後の進め方などをご説明いたします。

ご希望の方は、お早めにオンライン英会話Sレッスン事務局(info@s-lessons.com)にお問い合わせください。

TAGAKIというテキストについてもっと詳しく知りたい方は、
下記のサイトをご覧ください。

https://tagaki.jp/about/