遠山顕先生のブログがおもしろい

仮定法がわかる、使える

実は遠山顕先生は、私の恩師です。

私は学生時代、ESSクラブで英語劇に取り組んでいました。

記憶に残るのは、シェークスピアの「真夏の世の夢」

私は脚本、演出を担当しました。

といってもど素人。

しかしながら、当時、取り組んだこの大作は、今でも私の記憶に鮮明に刻まれています。

そして、当時の一緒に作り上げた仲間は40年が経った今でも
気心知れた貴重な存在です。

そんな私たちを指導してくれたのが、遠山Ken先生でした。

遠山先生は、NHKラジオ英会話などでも長年に渡る人気講師です。

その先生が、ブログを毎日更新しています。

こちらです。

本日の投稿は、「仮定法」に関してでした。

仮定法? と聞くだけで、頭痛を覚える人がいるかもしれません!?

しかし、こんな画像をみたら、だれでも使いたくなっちゃいますね。

—————————————————————————————————-

機内で飲酒による蛮行が問題視されているUSA。ニュースがそれを取り上げ、子どもに意見を伺うというクリップを作ったのだそうです。

英語HAIKU(ハイク)に応募してみませんか?

東海地方に住まわれているSレッスンの会員さんからの情報です。
「幸田親善人形友の会 」が中1~高3の生徒さんを対象とした『英語ハイク・コンテスト』を実施。

英語HAIKUハイク募集案内:http://fm-egao.jp/tokai/170808.html

俳句と言えば有名なのが、松尾芭蕉です。

古池や かわずとびこむ 水の音

この有名な俳句も訳す人が変われば表現方法も変わります。

正岡子規 訳
A frog jumping in the old mere!
The old mere ! !
The sound of water of water

小泉八雲 訳
Old pond
Frogs jumped in
Sound of water

新渡戸稲造 訳
An old pond
A frog jumped in
A splash of water

句作の上で日本語のように明確な文字数の設定はないとのこと。
下記の点を考慮して作ってみてください。

  • 3行に分ける
  • 文法にこだわらず、できるだけ簡潔で易しい単語を使う
  • なるべく「I」(私)は使わない
  • be動詞や冠詞、前置詞などは省略できる
  • 説明的ではなく、目の前の情景を捉える

「幸田親善人形友の会 」主催の『英語ハイク・コンテスト』の募集要項は、

  1. 「青い目の人形」をテーマにした作品
  2. 自由作品

いずれのテーマも1人3句まで。重複応募は可。

応募はA4サイズの紙に俳句を書き込む。複数句の記入も可。紙の一番上に

  1. 氏名と性別
  2. 学校名と学年
  3. 郵便番号・住所
  4. 電話番号

―を書き入れ、9月1日から30日までに〒444―0116、幸田町芦谷幸田34、幸田駅前書店へ郵送か持参する。当日消印有効。学校などの団体応募も受け付ける。問い合わせは、成田さん(0564-62―0185)へ。

Topic Cards 改訂版はオーディオ付き

Sレッスンのレギュラーコースで使用するTopic Cardsの改訂版をまもなくリリースします。

これまでBasic レベルの50枚、Intermeditate の20枚を合体させ、さらに新しいカードを加えて113枚。QRコードでオーディオ学習ができるようにしました。

Topic Cardsの基本理念は、
英語のキャッチボールを楽しんでもらうことにあります。

日本人が英語が話せないのは、圧倒的にアウトプット練習が足りないからです。
SレッスンのTopic Cardsを使って、英語のキャッチボールを楽しんでほしいと思います。

その中でも大切にしていることは、
①文章での受け答え
②答えるだけでなく、質問もできるようにすること

英会話の初歩的な会話練習から、ちょっとした応用練習ができるような工夫がたくさんあります。

対象レベルは、英検4級程度から英検準2級程度レベルを想定しています。

中学校で習う難解な文法内容も会話の中で使ってマスターできます。

講師には、プレリリース版を公開していて、間違いなどがないか、確認してもらっています。

生徒の皆様には、今月後半には無料でダウンロードできるようにいたします。

QRコードの音声付きですので、家庭学習にもお役立ていただければ幸いです。

Headsprout(ヘッドスプラウト)って何?

子どもオンライン英会話Sレッスンで、最近、Headsprout(ヘッドスプラウト)の問い合わせが増えてきました。

Sレッスンではこれまで、オンライン多読田聴のRaz-Kidsをご案内してきましたが、この度、皆様からのご要望にお応えし、Headsproutのアカウントの提供を始めました。


Headsprout(ヘッドスプラウト) は、Raz-Kids(ラズキッズ) のオプションサービスで、フォニックスに特化したゲーム型コンテンツです。

Headsprout=Head「頭」+sprout「芽」 ですから、知能発芽という造語なのだと思います。

Headsprout(ヘッドスプラウト)には、エピソード1-100までエピソードがあり、宇宙人とともにゲーム感覚で楽しくフォニックスが学びます。

1エピソードを終了させるには、15分~30分程度と結構時間がかかります。

もしかしたら途中であきてしまうかもしれません。結構、くどいです(笑)。

途中で中断しても次にやる時は、前の続きから再スタートできます。

子どもオンライン英会話Sレッスンのサイトでは、各エピソードで取り組むフォニックス内容の一覧を表示しています。希望のフォニックスのエピソードからスタートすることもできますが、それには管理者が行う必要があります。その場合、事務局にご連絡ください。

Sレッスンの学習カウンセラーにHeadsprout(ヘッドスプラウト)を試していただきました。ぜひ、その体験動画をご覧ください。

Headsprout(ヘッドスプラウト)を試してみたい方は、子どもオンライン英会話Sレッスンのサイトに詳細を掲載しています。個人で利用できるアカウントを年間3,850円(税込)でご提供させていただいております。

https://s-lessons.com/wte/headsprout/

自分でできる子に育つ「ほめ方」「叱り方」

ディスカヴァー・トゥエンティーワン出版 著者:島村華子

タイトルにつられて購入した1冊です。
しかし、これが非常に興味深い内容でした。

最近は、ほめて子供を育てることが大切という話をよく聞きます。

しかし、この本では、
「すごい!」
「良くできたね!」
「えらいね!」
「さすが○○ちゃんだね!」等のほめ方は、要注意!と警告します。

ほめ方によって、子どもを不安にしたり、プレッシャーを与え、子どものモチベーションが下がる原因になるなど、さまざまな弊害があるというのです。

なぜか?
それは、つまりそれらの誉め言葉は、評価している側の主観で相手の良し悪しを決めているからだといいます。

子どもは親からの愛情を常に欲しています。そのため、愛さるために褒められる行動をします。愛されるために親の機嫌をうかがうような行動をしようとします。

例として、
毎晩子どもに絵本を読んであげる習慣があったとします。
しかし、ある日、子どもがぐずったとします。

そんな時、「そんなだったら、今日は絵本を読んであげないからね。#」
子どもは更に大泣き・・・

子育て経験者なら、皆さんにもこんな経験があるのではないでしょうか?

しかし、著者は、これは子どもへの「条件付き接し方」と警告します。

子どもへの愛情は、”見返りを期待しない贈り物”でなければならいといいます。

「条件付き子育て」の怖いデメリットには下記の点が危惧されます。
①短期的にしか教育効果がない。
②自己肯定感が持てなくなる
③親子関係が悪くなる
④世代を超えて引き継がれる

我が家にもあてはまりそうで、ドキッとしました。(-_-;)

ほめ方には、3種類。理想的なほめ方は?
①おざなりほめ
 どういうところが良かったか具体性に欠ける
 「すごいね~」「上手!」
②人中心ほめ
  表面上の特徴を中心にほめる
  「優しいね」「頭がいいね」
③プロセスほめ
  努力・過程・試行錯誤した手順をほめる
  「失敗してもあきらめなかったね」

正解は、③プロセスほめ。

上記①、②がNGな理由
・ほめられ依存症になる。
・ほめられることだけに行動を取るようになる
・評価が下がることを恐れるようなる
・努力の有無に関わらずほめられると、努力をして成し遂げる必要性を感じなくなる

とっても論理的な説得力のなる言葉にまたしてもドキッ。

ほめるときの3つのポイント

著者は、ほめるときのポイントとして以下の3つをあげています。

1.成果よりもプロセル(努力・姿勢・やり方)をほめる
2.具体的にほめる
3. 質問をする

この本の中で、私の心に刺さった言葉です。

ほめるという行為は、多くの場合、親の評価が伴います。
しかし、子どもが本来求めているのは評価でなく、何かを達成したとき、新しいことを発見したとき、嬉しいことがあった時に、大好きな両親や先生とそれを共有することなのです。
喜び・興奮・驚きなどといった感情をわかちあうことで、自分の居場所があるという感覚が生まれ、幸せに持ちになるのです。

これからは、生徒さんに対しても、自身の子供に対しても、また職場でも
「ほめ方」の工夫をしなくては、と強く感じました。




レッスンをたくさん受けているのに上達があまり感じられない・・・?!

このままでいいのかしら・・・?

先日、こんなご相談をいただきました。小学校在籍の姉妹の生徒さんです。

学習履歴をみると、確かに週2回くらいネイティブ講師のレッスンを受けていました。

レベルチェックで、生徒さんが英語でコミュニケーションを取ろうとしている姿勢は非常に評価できるものでした。
しかし、フォニックス学習やインプット学習が足りないということは明白でした。Oxford Reading Tree などを題材にレッスンをしているので、英語がなんとなくでしか読めない。語彙を増やす学習要素が全くない。
上達が見えないのはこの辺に原因があります。

大切なのは学習プランです。

いつまでにどんな英語力をつけたいのか、
そのためにはどんな学習が必要なのか・・・

英会話スクール等で豊富な指導経験のある日本人講師は、長期的に、今、どんな力を養うべきか、そのためにはどんな学習が必要かが理解できます。ですから、長期的に指導を受けている講師であれば適宜いろいろな学習アドバイスもしてくれるでしょう。

お子さんの英語学習で大切なことは、インプット学習とアウトプット学習のバランスです。インプット学習がなければ語彙も増えません。語彙力がなければ、言いたいことはあっても言葉がでてきません。

しかし、たくさん英語を知っていてもアウトプットの練習をしなければ使えるようにはなりません。日本人の多くの人が英語を長年学習してきたのにも関わらず使える人が少ないのはこのためです。

ですので、お子さんの英語学習指導には、学習カウンセラーの存在が欠かせません。しかし、ネイティブ講師では期待するのは難しいでしょう。

ネイティブ講師を週1回、日本人講師を週1回といった履修方法がもっともオンライン英会話Sレッスンで推奨する学習スタイルです。

常にいろいろな学習相談にものってもらえる 固定の日本人講師の存在は大きなメリットです。

そしてもうひとつ。お勧めなのが、グループレッスンです。

グループレッスンには、年間のカリキュラムがあり、場当たり的なレッスンではなく、長期的な学習プランに基づきます。50分とレッスン時間も長くなります。またレッスンの内容は、固定の教材を使うことでインプット学習とアウトプット学習が可能になります。宿題もあり、家庭学習も習慣化しやすくなります。プライベートレッスンでは宿題はしなくてもあまりレッスンに支障はでませんが、グープレッスンでは自分だけ宿題をしていないとばつがわるくなるものです。

グループレッスンは、事務局が時々レッスン参観したりして、学習状況を把握していきます。常に講師と生徒の相談役になっておりますので安心感があるのも大きなメリットと言えるでしょう。

グループレッスンに関しては、お気軽にご相談ください。
2021年度もたくさんのグループレッスンを開講しています。
https://s-lessons.com/wte/group/

もし、最近の授業にあまり上達を感じられていないといった悩みや不安があるようでしたら、ぜひ、一度、無料のレベルチェック、学習カウンセリングを受けてみてください。

下記の学習カウンセラーのページからご予約いただけます。
https://s-lessons.com/wte/prfdtlfrm/8

英語学習初心者の小学生が日本人講師のグループレッスンに参加し、とても上達されました。下記のレッスン動画は、学習開始後、1年後の生徒さんたちのレッスンの様子です。

TAGAKIマラソン スタートします!

Sレッスンでは、mpi松香フォニックス研究所とタイアップし、「TAGAKIマラソン2021」をスタートさせます。

TAGAKIって、ただ書くだけではないんです。

TAGAKIの教材の基本コンセプトは、「考える」→「書く」→「伝える」をくりかえし、思考力・判断力・表現力を鍛えること。最終目標は、英語で自分発表できる力を育むことです。

4才から、子どもオンライン英会話Sレッスンで英語学習を始めたShioriちゃんはこの春から小学校3年生。昨年12月からスタートしたTAGAKIマラソンに参加しています。現在は、TAGAKI 10もほぼ中盤。最近では、書くスピードも上がり、発表力もついてきました。

3月にChisatoコーチとのセッションの様子を録画し、編集しました。
ぜひ、ご覧ください。

Shioriちゃんのお母さんにもお話をうかがってみました。

TAGAKIマラソンにチャレンジしてみようと思ったきっかけは何ですか?
オンラインレッスンやオックスフォードリーディングクラブなどで、「話す」「読む」という力が少しずつ付いていると感じていたので、そろそろ書くことも取り入れたいと思っていました。何かいい方法はないかと探しているなかでTAGAKIを知り、やらせたいと思っていました。しかし、使い方や継続ができるかとの不安があり始められずにいたところ、タイミングよくSレッスンでTAGAKIマラソンが開講されたのでお願いすることにしました。

TAGAKIマラソンのどんなところに魅力を感じられましたか?
一番はコーチがいるので、メッセージのやり取りやコーチングセッションを通して、やる気が維持しやすいところです。 また、ちさとコーチが娘の良いところをたくさん伝えて下さるので、娘は凄く嬉しいようです。マラソンという名前のとおり、長く続けていくためには一緒に進んでいってもらえるというのは心強いです。

スタートしてから3か月。学習成果は期待通りですか? どんなところに満足されていますか? また、これまでのサポート以外で望まれることはありますか?
英文を書くのがあまり好きではない娘ですが、何回もでてくる単語は覚えてしまうので、書くスピードが早くなりました。 コーチングセッションでは、ジェスチャーをしながら発表をするのですが、初めは恥ずかしがっていた娘も今はちさとコーチに伝わるように、内容に合わせて動きを考えています。発表も笑顔でできるようになり成長を感じます。

(注)TAGAKIマラソンは、mpiが商標登録しています。他社で許可なく、「TAGAKIマラソン」の名称を使うことを禁じます。

※Chisatoコーチが指導できるのは、残り4名です。希望者は事務局までご連絡ください。

中学校の英語教科書が劇的に変わりました!

2021年度、新指導要領に基づき、英語教科書が劇的に変わりました。

理由の一番大きな原因は、2020年から小学校で英語が教科になったことです。小学校では、約700語くらいの単語が紹介され、中学校ではその単語に更に1500語くらいが上乗せされています。

中学校では、これまで英検3級程度の英語力が求められていました。しかし、新しい中学校の新・英語指導要領では、英検準2級程度の学習内容になっています。しかしも、4技能5領域を目標にしています。

4技能5領域とは、話す、聞く、読む、書くの基本的な4技能の他に「発表する」という学習目標が加わりました。ただ、会話ができるだけでは不十分なのです。

この背景には、世界における日本人の実用英語力の低さが影響しています。

2020年度のEPI英語能指数は、100ヶ国中55位だったそうです。高校生の数学リテラシーは、世界第5位、科学リテラシーは世界でも台2位だそうです。

それだけ、高い教育水準にありながら英語は世界でも非常にレベルが低いのです。

なぜでしょう?

圧倒的に、日本の英語教育にOutput学習が足りないのです。英語を使う練習が足りないのです。

そのため、文科省は急いで日本の英語教育を変えようとしています。

小学校の英語教科書も、中学校の英語教科書も非常に、実用英語の習得を目指した内容に変わりました。

しかし、危惧されるのは、あまりにも急すぎるのです。
子どもたちは、この教育改革についてこれるのでしょうか?

ニッセイト英語専門教室やオンライン英会話Sレッスンでこれまでしっかり英語4技能を学習してきた生徒さんならなんの戸惑いもないでしょう?
しかし、多くの生徒さんはそうではないはずです。

小学校5年生では、英語が読めることが前提で教科書がつくられています。英語フォニックスの指導できる先生がどれだけいるのでしょうか?

子どもたちは、昔のように英語にカタカナをふって英語を読めるようにするのでしょうか?(泣)

こんな、状況をいち早く、池袋と川越のニッセイト英語専門教室に通っている生徒さんの保護者にはお伝えせねばと、4月3日(土)に


知らないと大変! 中学英語教科書が激変!  <緊急説明会開催>

と題し、午前と午後に緊急オンライン説明会を開催しました。

ご関心のある方には、当日の説明会の録画をYouTubeで観れるようにしました。
info@s-lessons.com
にご連絡いただければ、そのURLをお伝えします。

英語漬けアメリカンスタイル・サマーキャンプ

主催:イングリッシュアドベンチャー(English Adventure)

コロナ禍にあり、いろいろ不自由を強いられている今日ではありますが、子どもたちにとって英語体験は貴重です。

国内にいながら、アメリカで子供たちが過ごすようなキャンプ体験ができると好評なのが、イングリッシュアドベンチャー主催のサマーキャンプです。

英語のレベルによって3つのプログラムが用意されています。

・日本語禁止の帰国子女及びネイティブ向けの「英語チャレンジコース」
・英会話学習者向けで、日本人スタッフのサポートもある「英語チャレンジプラス」

詳しくは、イングリッシュアドベンチャーのウェブサイトをご覧ください。
なお、お申し込みの際、クーポンコード【NISSAIT】を入力すると3000円OFFになりますので、ご利用ください。

Raz-Kids ラズキッズってどんな感じ?

ラズキッズの問い合わせが最近すごく増えています。

話には聞いたことがあるけど、よくわからない、という人も多いのではないでしょうか?

百聞は一見にしかず。

いろいろ文章で説明されるより、誰かがやっているのを見るのが一番ですね。

そこで、子どもオンライン英会話Sレッスンの新しいスタッフであるNatsuki先生に、Raz-Kids ラズキッズを使ってもらいました。

英語学習で大切なのはインプット学習とアウトプット学習です。インプット学習がなければ、英語の上達も限られてきます。 どうやって新しい語彙を学び、表現を増やしていくか? 一番効果的なインプット学習は読書です。

子どもオンライン英会話では、ラズキッズ(Raz-Kids)や、ORC(Oxford Reading Club)といった多読を推奨しています。家庭学習で読書をし、オンラインレッスンで読んだ本について先生とお話ししたりできれば、理想的なインプット学習とアウトプット学習が可能になります。