2020年度大学入試に向けて準備すべきこと

2020年度から、大学入試が大きく変わります。英語は、中でも特に大きく変わります。これまでと一番の違いは、グローバル時代に対応した「使える英語力」を入試の材料にしようというようになったことです。

しかし、「使える英語4技能」の試験を各大学が作るのは不可能です。そこで、文科省は、民間試験の結果を利用しようとなったわけです。その民間試験で採用が決定したものは、

・新型英検
・GTEC
・ケンブリッジ英語検定
・TEAP
・TEAP CBT
・IELTS
・TOEFL CBT

現在の高校2年生は、来年4月から12月までに受けた試験の成績が、受験大学に送られ、合否の判定に活用されるというものです。

受験生は、今から準備しなくてはいけません。自分の受験しようと思っている大学が、どの試験を推奨しているのかの情報を入手しなければなりません。
そして、いつ受験するのか、その試験会場はどこにあるのか、試験の申し込みはいつからなのか。上記各試験は、1日で英語の4技能を判定するテストなため、試験会場の収容人数は非常に限られています。受験者が殺到すれば、希望する試験を受けられないということも起こりえます。新型英検の受験を希望される場合は、既に予約申し込みが始まりました。

早め早めの準備が必要です。
オンライン英会話Sレッスンを利用されている人の中にも受験生がたくさんいます。
下記のに掲載されていたチャートを参考に、来年の受験生でなくても準備を始めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもの英語学習に役立つおススメの書籍「世界で活躍する子の英語力の育て方」

お子さんの英語学習に関心をお持ちの方にとても役立つ1冊をご紹介します。

「世界で活躍する子の英語力の育て方」(大和書房 船津徹著)

 

 

 

 

 

 

著者の船津徹先生は、七田誠氏に師事し、英語教材の開発に携わっていました。その後、独立。2001年、ホノルルにTLC for Kids を設立。世界で活躍できるグローバル人材を育てるための教育プログラムを開発し、その運営にあたっています。

この本の特長は、非常に具体的に子供たちの理想の英語学習の進め方を記している床色にあります。

ニッセイト英語専門教室の創立は、1973年です。これまで子供たちの理想の英語教育はどうあるべきかを求めて試行錯誤してきました。現在のカリキュラムは、週1回程度の学習で、効率的に4技能の使える英語力が身に着くアプローチと考え、実践していますが、この書籍の内容はまさに私たちがたどってきた道を回顧するようでした。

お子さんに直接英語を指導できなくても、こういうことを知っていると英会話スクール選びにも役立つでしょう。オンライン英会話を利用するにしても、こういった長期的な観点にたってスクールが運営されているか、カリキュラムが組まれているかを保護者の方は、チェックしながらスクールを選び、質の高い講師のレッスンを受けていただけるのが一番です。

この書籍の中で特に強調されているのが、幼児期における英語の音を重視した学習、そして高いレベルの英語力を身につけるには、読書習慣を身につけ、多読に取り組むこと。これができれば、帰国子女に負けない英語力を身につけることができるとあります。

先日、Sレッスンのブログでも紹介させていただいたYuraちゃんは、小学校5年生で英検1級に合格されました。やはり彼女も英語に限らず、読書好きです。時事問題にも関心があり、自分の意見を主張できます。

読書習慣があまりないという方には、格安のオンライン多読Raz Kids をお勧めします。まずは、優しい本をたくさん読むことから始めましょう。

Raz-Kidsは、幼児用の絵本から英検準1級を受けるような生徒さんのレベルが読み放題で、年間たった2,000円です。
お申し込みは、コチラから。

2点カメラ機能が付加されたZoomビデオ通話を推奨します!

今週、船井総研の経営戦略セミナーに参加してきました。

昨今、各企業、デジタル化が非常に加速しています。会議もオンライン会議が主流となってきました。

これまで、無料のビデオ通話というとSkype(スカイプ)が主流でしたが、最近躍進してきているのが、Zoom(ズーム)です。

Zoomの魅力は、軽さです。スカイプの1/5 くらいだと聞きました。

 

 

 

ただ今回、講演の中で特に関心を持ったことがあります。
Zoomに2点カメラ機能が付加されたということです。

これは、画期的です。
通常のカメラは顔の表情を映す。
もう1台のUSBのWEBカメラを接続し、そのカメラで手元の教材を映すことができるのです。

つまり、生徒さんの顔の表情を見ながら、問題を解いている様子をリアルタイムで見ることができます。

 

これまで、家庭教師ビジネス業界は、オンラインレッスンで限界を感じていました。
ところが、2点カメラによって、個別指導教室に通っているのと同じような指導ができます。

子どもオンライン英会話Sレッスンでも、ライティングの指導では非常に有効です。また、英検対策、学期試験対策などにも重宝しそうです。

オンライン英会話Sレッスンは、今後、Zoom(ズーム)を推奨します。

<参考>
Webカメラスタンド 1990円(amazon)

家庭で楽しくできるインプット学習は?

英語学習に必要なのは、インプット学習とアウトプット学習です。

英会話スクールに通っている生徒さんの場合は、インプット学習は教室のレッスンで行い、宿題という形で家庭でもインプットができていると思います。

英会話学習のためのコースブック、Let’s Go やHang Out 等のテキストを使用してもそれなりのインプット学習ができます。

しかし、楽しくないと家庭学習もなかなか思うようにできないものです。
また、宿題等をお子さん任せにするのもあまり感心できません。
お子さんにとっては、保護者の方と一緒に過ごす時間こそが楽しいです。

そんな方にお勧めなのが、動画を使ったインプット学習です。
学習者のレベル、興味に合わせて、お選びいただけるます。

是非、下記サイトご利用ください。

アメリカ在住ママおすすめ!子供のための英語 歌・動画特集(大人も使える)

日本人が話せないのはアウトプット学習が足りないから。

オンライン英会話の一番の利点は、学習のアウトプットです。

英語学習で大切なのは、インプット学習とアウトプット学習です。

子どもオンライン英会話Sレッスンでは、赤ちゃんの頃からディズニーの英語システム等を使って、たくさんの英語をインプットされてこられた方がたくさんいます。
しかし、多くの場合、たくさんのインプットはできていても、アウトプットの場がないのです。

皆さんは自転車に乗れますか?
お子さんが自転車に乗れるようになりたいといいます。
どのようにして、お子さんが自転車を乗れるようにしてあげますか?

「これが、ブレーキね。スピードが出たらこれを握って。
バランスを取って、走り出したらペダルを踏んで…。
倒れそうになったら足をついてね。」

動画を見せてあげるのも役に立つかもしれません。

でも、それでお子さんが自転車に乗れるようになると思いますか?

なりませんよね。実際に自転車にまたがり、乗ってみることが必要です。
最初は、すぐに転んでしまうかもしれません。曲がれないかもしれません。
でも、何度か繰り返しているうちに乗れるようになります。

 

 

英語も同じです。
知識だけでは、使えるようにはなりません。
実際に使ってみることが大切です。それがアウトプット学習です。

日本の子どもたちが長い年月をかけて英語を学びながらも、使えるようにならないのは、圧倒的にアウトプットの場が欠けているからです。

10年も前なら、日常生活において、外国人に出合うこともまれでした。
英語を使う場こそほとんどありませんでした。

しかし、インターネットが普及した今日、モニターの前には、アメリカ人の先生、
イギリス人の先生、オーストラリア人の先生、などなど世界中の人と身近にお話ができます。

こんな便利な学習機会を使わないのは実にもったいない。
機会損失です。習った英語を使う場がなければ、けっして英語をいつになても使えるようになりません。

子どもオンライン英会話Sレッスンでは、帰国子女の生徒さんたちは、ジャーナル(英語日記)なども、課題として取り組んでいます。ジャーナルもアウトプット学習です。
自分の伝えたいことを、自分の知っている言葉で文字化するわけです。

ぜひ、みなさん、もっと積極的にアウトプット学習をしましょう。

 

 

 

 

あなたのインターネットは高速ですか? Speed Test やってみましょう。

最近、インターネット回線はずいぶん高速になってきました。

家庭用のインターネットも光回線が一般化しているようです。Skype(スカイプ)ビデオ通話でオンライン英会話レッスンをするには、快適なインターネット回線が欠かせません。

一番のおススメ環境は、高速光回線でLANケーブル接続、そしてパソコン利用です。

ネット回線満足度ランキング2019」では、

1位 Nuro 光
2位 au光
3位 フレッツ光
4位 ドコモ光
5位 ソフトバンク光

とありました。

池袋にあります東京池袋にありますSレッスン本部事務局では、フレッツ光回線を利用しています。

自身でもインターネットの速度回線テストをすることができます。
●インターネット速度テスト をするためのサイトは、こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Skype(スカイプ)ビデオ通話をしていて、画像が固まってしまったりすることがあれば、どちらかのインターネット環境に問題が考えられます。

まずは、双方にスピードテストを実施してみましょう。

光回線でLAN接続だからといって安心できません。上記の速度数値は、Wifi(ワイファイ)利用での環境です。

LAN接続のスピードテストをしましたら、なんと速度数値は下記の通り、非常にとてもスローな数値が表示されました。唖然。
そう、LANケーブル接続が必ずしも最高速とは限らないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明らかにどこかに問題があります。考えられるのは、

ケーブルが高速回線対応でない。
インターネットを分派させるHubに問題がある。
その他?!

上記のインターネット速度では、画像が固まってしまったりする可能性があり、ストレスを感じます。それだけなく、相手のもストレスを与えてしまいかねません。

お互い、快適な環境でオンラインレッスンができて、双方に満足度が高まります。
ぜひ、ご自身のパソコンのスピードテストも実施してみましょう。

英語日記(ジャーナル)を書いてみませんか?

オンライン英会話Sレッスンで、Mayちゃんが英語学習を始めたのはつい4ヶ月前です。小さい時は英語に親しんでいたようなのですが、幼稚園に入るようになると誰も英語を話す人がいなく、英語を拒絶するようになり、お母さんは困っていらっしゃいました。

英語の楽しさを再発見して欲しい!

そんな願いを持ちながら、ネットでいろいろ検索する中、「子どもオンライン英会話Sレッスン」が、目に留まったとのことでした。

オンライン英会話Sレッスンは、Mayちゃんにとってとても新鮮だったようです。

「英語、楽しい!」と、英語学習にスイッチが入りました。

お母さんは、英語が読めるようになって欲しいという要望もお持ちでした。「10回3文字単語すらすらコース」を受講したいとお申し出をいただきました。受講条件である、「大文字、小文字はしっかり順不同で30秒以内で読める」もクリアしていました。

フォニックスの指導は、Atsuko先生にお願いしました。もう、「水を得た魚」のように、短期間でどんどん吸収していったそうです。やはり、幼児期にたくさん英語の音を聴いていたので、英語の素地ができていたのでしょう。

そして、4ヶ月経った頃、「最近は、絵本を自分一人で読めるようになり、Victoriaのレッスンでジャーナル(英語日記)も書いているんです。」とお母さんから、お喜びのメールをいただきました。4か月前には、英語3文字単語の読み方を練習していた5歳の女の子が、こんな英語の日記まで書けるようになるとは、私もビックリでした。

許可を得ましたので、Mayちゃんの書いた英語日記(ジャーナル)を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語のアウトプット練習は、話すばかりではありません。出来事や、自分の思いを言葉にして書くこともアウトプットです。

英語が読めるようになったら、皆さんも、英語日記に挑戦してみてください。
最初は、1行でいいのです。そのうちに、2行。慣れてきたら、3行から5行。気づいたら、すらすらと言いたいことが書けるようになってきますよ。

 

オンライン英会話に新しいネイティブ講師が加わりました!

子どもオンライン英会話Sレッスンに新しいネイティブ講師が加わりました。

1人は、トリニダード・トバゴ出身地出身のNyesha(ナイーシャ)です。日本に来て6年になります。日本では、プリスクールや英会話教室、そしてTGG(Tokyo Global Gateway 東京英語村)でも働いていました。TGGでは、Head Teacher (チーフ)として、新しい講師の育成にあたっていました。ですので、とっても責任感のある経験豊かな英語講師です。ただ、TGGでは、毎回異なる生徒との出会いです。同じ生徒の成長と上達がみたいと、ニッセイト英語専門教室の専任講師として7月より勤務を始めました。

トリニダード・トバゴってどこにあるかご存知ですか?
カリブ海小アンティル諸島南部に位置するトリニダード島トバゴ島の二島と属領からなる共和制国家で、イギリス連邦加盟国です。

アメリカに近いから、米語を話すと思いきや、イギリス連邦加盟国ということで、イギリス語が主流なのです。

イギリス英語に触れてみたい生徒さんはぜひ一度、レッスンを受けてみてください。

Nyesha(ナイーシャ)講師の予約は、コチラ。
https://s-lessons.com/wte/prfdtlfrm/462

 

 

 

多読・多聴ラズキッズ受付開始 初年度30名限定

オンライン多読・多聴ラズキッズ(Raz-Kids)の申し込み受付を始めました。

英語力の上達には、インプットは欠かせません。英語が読めるようになった生徒さんに一番のおススメはインプットは多読です。音声があればなお好ましいです。

私は、これまでたくさんの生徒さんを見てきました。

1才、2才から英語を始められたお子さんたちがどのようにして、英語を上達させてきたか、そしてその長い学習の道のりで何が大切かを。

多くの学習者にとって、途中で英検2級という大きな壁があります。
ここで挫折してしまう生徒さんも少なくありません。
しかし、英検2級の壁を乗り越えられた生徒さんは、英語を自分の武器にすすることができます。英語を特技として履歴書に書くこともできます。

では、この英検2級の壁をクリアできる生徒さんと、この壁を乗り越えられない生徒さんと大きな違いは何でしょうか?

これは、一言でいえば ”読解力” です。

読んで理解する能力です。基礎の基礎は母国語での読解力です。国語力のない生徒さんは長文に苦手意識が生まれます。英語ではなおさらです。

日本語でも読書習慣のある生徒さんは、英語の長文読解がそれほど苦になりません。そういった生徒さんは、語彙数さえ増やせば、英検2級の問題はそこそこ、解けるようになります。

オンライン英会話Sレッスンでは、皆さんの英語力の上達をサポートしていきたいと考えています。レッスンそのものは、アウトプットの場です。アウトプットだけの生徒さんは伸びません。忘れないようにするだけが目的でしたら、レッスンだけを受けていれば十分でしょう。でも、英検などの次の級に向けて準備したい、もっと話せるようになりたいと思うのでしたらば、積極的にインプットの学習を増やしましょう。

おススメは、ラズキッズ(Raz-Kids)です。なにせ、とても低価格です。

始めたい方は、Sレッスンのホームページから申し込みができます。
ご利用ください。

https://s-lessons.com/wte/razkids/

 

小5で英検1級合格 Sレッスンで最年少記録

最近、子供たちの英語力は急速に伸びてきたように思います。オンライン英会話Sレッスンの受講者もかなり多くの生徒さんたちが英検を受験しているようです。

先週は、2019年度第1回の英検合格の発表がありました。小学校5年生で、英検1級に初挑戦した女の子のお母さんから、英検1級合格の報告をいただきました。

ニッセイト英語専門教室の創立は1973年です。これまで、英検1級の最年少合格者は中3でした。帰国子女でもなく、2才でニッセイト英語専門教室に通い始めた生徒さんでした。

今回、英検1級に合格されたのは、国内在住小学校5年生のYuraちゃんです。初挑戦での合格です。もう快挙です。英検1級は、合格率も10%程度と非常に高度な英語力を求められます。指導に当たったのは、大手企業の通訳としても活躍されていたAsami先生とネイティブの講師です。

とは言え、小学生で英検1級合格するには、これまでの英語学習にどこか秘訣があるはずです。お話を伺ってみました。

——————————————————————————–

【Yuraちゃんのお母さん】

娘は帰国子女ではありません。
親も日本人です。
3歳から2年間週二回だけ、プリスクールに通いましたが、年中からは普通の幼稚園、公立の小学校です。
恐らく読書とYou Tubeが大好きだからでしょう。
Raz-Kids(オンライン多読)の存在を知らなかったし、田舎ゆえの自動車文庫という便利な物があった為、毎月30冊借りていましたし、いまだに借りています。

一昨年からRaz-Kidsを紹介して頂き、今は便利になったなあ、という感じです。
発音は私は悪いのですが、娘は小さい時から始めたからか、非常に良く、ネイティブの方もビックリされます。耳が良い時に始めなければ、苦労したと思います。一年半在米経験ある私は未だに発音が苦手です。
会話は安かったので、フィリピンの先生がいるオンラインスクールをメインにしました。二級までにside by side 4を4,5回は繰り返したからか、文法は身につきました。

決して、英検の為の勉強をメインにしてきた訳ではないのですが、帰国子女でもなく、ハーフでも、インターナショナルスクール出身でもない彼女にとって、英検は唯一、彼女の英語のレベルを証明できるものでした。年齢や見かけ、海外在住経験で常にキッズの簡単な英会話にされてしまう事が彼女にとっては、奮発剤になったのかと思います。
幸い、二級を落ちた以外は一発合格してきましたが、やはり色々な先生からのアドバイスがあったからと思っております。 両親は英検を受けた事がないため、アドバイスできませんでした。

日本人で普通に日本で育っても努力次第で英検一級を小学5年生でもとれるような時代になったという事が、他のお子様、保護者の方々に、明るいニュースとなれば幸いです。

最後になりますが、英検一次合格から二次試験までの短い時間、適切なアドバイスを頂いた事務局の方々、先生方に、お礼申し上げます。
特にAsami 先生からは、レッスン後もアドバイス、試験後にも本当に温かいお言葉をメッセージして頂きました。教える技術面だけでなく、先生の人柄を感じるメッセージで本当に感謝しております。そして、その素敵な先生を直ぐに紹介してくださった事務局の諸田さんにも感謝申し上げます。

—————————————————————————-

英語力を計るひとつのバロメーターが英検です。英語学習者にとって現在、自身の英語力がどの辺にいるのか、どのくらい上達しているのかを知ることは、今後の学習の大きなモチベーションにもなります。

2018年度の英検志願者は、3,855,068人とのことです。
毎年、10%くらい増え続けています。

Yuraちゃんの快挙は、頑張れば帰国子女でなくても、留学をしなくても英語力うを上達させられるのだということを証明してくれました。

次は、あなたの番です。
小さな報告でも、ぜひお聞かせください。

※Raz-Kids (ラズ・キッズ オンライン多読)の申し込み受付をSレッスンでも行っています。