スカイプを使ったオンラインレッスンなら台風でも休校にならない?!

スカイプを使った子供オンライン英会話レッスンを受講されている生徒のみなさん、そして自宅からレッスンを行っている先生方。大型で非常に強い勢力を持つ台風19号が日本に上陸し、関東に向かっています。くれぐれも外出は控え、用心されてください。東京の池袋と、埼玉の川越にある子供英会話教室のニッセイト英語専門教室は、本日、臨時休校としました。

中部地方、関東のほとんどの英会話スクールでは、休校の措置が取られていると思います。中には休校になったことを喜んでいる生徒さんもいるかと思いますが、楽しみにしていた英会話レッスンが受けられなくてがっかりしている生徒さんもたくさんいることと思います。

その点、ご自宅でスカイプを使ったオンライン英会話レッスンを受けている生徒さんなら、こんな台風でも送り迎えの心配なくご自宅でレッスンが受けられるのですから便利ですね。そこがオンラインレッスンの一番の魅力かもしれませんね。

ただ、そうはいっても今回の台風は過去最大級と言われています。私のケイタイにも本日、避難勧告の通知が頻繁に送られてきています。近くの避難場所に避難されているかもたくさんいらっしゃることと思います。ある講師からは停電になってしまい、レッスンをすることができないという報告もありました。くれぐれも無理をなさらずに、身の安全を第一に行動されてください。

 

 

APU(立命館アジア太平洋大学)オープンキャンパス11月3日

英語が好きで、得意な高校生でAPU(立命館アジア太平洋大学)を目指している方は多いのではないでしょうか?オンライン英会話Sレッスンを受講されている生徒さんの中にも、APUを目標にされている方がいます。

先日、視察に行ってきましたが、新しいキャンパスで、施設も充実していて、とても魅力的な大学でした。

視察の際、アドミッションオフィスの方から来年度の入試に関しても細かく説明を聞きました。

入試には、一般入試とAO入試があります。
一般入試では、英語の「英語」+「国語」+「選択教科」の3教科で受験。そのうち、「英語」と得点の高い他教科の2教科で判定するとのこと。英語以外の教科は、100点満点なのに対し、英語の配点は150点。英語が得意な生徒にとってはとても有利です。英検準1級合格者、または民間試験で同等の英語力のある生徒は、英語のテストを満点扱いにするそうです。

早めに入学を決めてしまいたいならAO入試です。英語ですべての講義を聴く帰国生枠と日本語で講義を聴く国内生枠があります。英検2級レベル以上が受験資格とのこと。英検準1級合格者、または同等の英語力保持者であれば、帰国生枠で受験できるそうです。こちらの方が、留学生と一緒に学習できるので絶対におすすめとAPUに通うニッセイト英語専門教室の卒業生は言っていました。第一次選考は「小論文」のみです。

受験生は、英語ができて当たり前。では、大学はどこで合否の判断をするのか。

アドミッションオフィスの方は、

「一番大切なのは、これまでその受験生がどう過ごしてきたか、なぜAPUに来たいのか、APUでなければならない理由は何か?」をしっかり語れる生徒だと語ってくれました。

この質問は、就職活動でも究極の質問です。

もはや、英語だけができてもダメなのです。大学の授業を活性化させるには、いろいろ人種、宗教、異なる考え方を持つ人が必要で、そこにダイバーシティが生まれると説明がありました。

出口学長は、「人間は、18才くらいになれば、ほぼほぼ、その人の学習習慣はできています。学習習慣のついていない学生は、大学に入学しても得るものが少ない。学習習慣のついている学生を入学させたい」と話してくださいました。

この場合、学習習慣とは、単に与えられた課題を勉強するということではありません。自ら興味を持ち、その課題に対して自らそれを掘り下げようと学ぶ姿勢を持つ習慣です。

大学生の中には入学したとたんに目標を見失い、勉強にも興味を持てずアルバイトに明け暮れている学生が少なからずいますが、出口学長の言うように、大学では人種を超えたいろいろな人との出会いの中で、新たな自分の興味を掘り下げ、探求していく学びの場であって欲しいと思います。

 

そのAPUが、11月3日に、オープンキャンパスを実施するそうです。ご関心のある方は、ぜひ、別府温泉への旅行も兼ねて行ってみることをお勧めします。源泉数、総湧出量ともに日本1位。リラックス効果もバッチリです。

 

 

 

 

 

 

 

ノーベル化学賞を受賞した吉野氏、「自分は小学校の時に先生からきっかけを与えられた」

子供オンライン英会話、池袋と川越のニッセイト英語専門教室で私たちは、子供たちに英語を教えています。そんな私たちにとって、吉野さんの言葉は、私たちにも大きな夢を与えていただいたような気がします。

ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんは、インタビューの中で子供たちに向け

「私自身もそうだったが、誰かにきっかけを与えられて将来の道を決めていく時期が来る。(自身の受賞を)自分の将来を決める一つのきっかけにしてもらえればいい。誰かにきっかけを与えられ、将来の道を決めていく時期が必ずあると思う」

と述べていました。

小4の時、新任の女性の先生が進めてくれたのが、「ロウソクの科学」という1冊の本だったそうです。それが、きっかけになって科学がどんどん好きになっていったのだそうです。

思い返せば、私もそうです。
中学校から始まる初めての英語。不安に感じていた私に、小学校の時の担任の先生から「NHKラジオ基礎英語を聞くといいよ」とすすめられました。その言葉をきっかけに、中学校入学前から早起きして「NHKラジオ基礎英語」を毎日聞いていました。
中学入学後、英語の先生から、「諸田君は、発音がいいな」と褒められました。(照)
それからです。英語がますます好きになったのは。調子に乗って、翌年からは、「NHK続・基礎英語」を中学時代は聞いていました。

言葉は非常に大きなパワーを秘めています。
ある時は、ひどく人を傷つけ、
ある時は、人の人生も変えるようなきっかけを与えてくれます。

子供オンライン英会話Sレッスン、池袋と川越にあるニッセイト英語専門教室が、英語を習うお子さんたちに、将来を決めるようなおおきな「きっかけ」を与えられたら幸せです。

 

英語力をもっと伸ばせる大学は? 海外留学? 国内留学?

オンライン英会話で英語を学習されている方は、一般的に英語が好きで得意な方が多いようです。

大学選びは、多くの学生にっとって将来を左右する大きな選択です。

英語を得意とする多くの高校生たちに今、脚光を浴びている人気の大学が大分県別府市にあるAPU(立命館アジア太平洋大学)です。なんと、在籍生の半数は海外からの留学生です。

ニッセイト英語専門教室は、NPO法人国際教育ネットワーク(略称NIE)に所属しています。今回、このNIEのメンバーで大分県別府市にあるAPU(立命館アジア太平洋大学)に視察に行ってきました。APUは学生は、約6,000人くらいいるらしいのですが、その半数は海外からの留学生だということです。「スパーグローバル大学創成支援事業」に選択され、世界No.1のグローバルコミュニティ・Global Learning University の形成を目標にしています。

2018年には、民間から出口治明氏が学長に選出され、急速に変革を遂げています。

 

 

大学入試に英語民間試験の利用64%!

大学入試が来年から大きく変わろうとしています。

これまでの試験は、「文法」と「リスニング」が出題されていました。しかし、これからのグローバル化時代は、使える英語力が身についていないと世界から遅れをとるといった危機感から「読む」「聞く」「話す」「書く」の英語4技能を判定するための試験が求められていました。

これまで、公平性がないというような理由で延期が求められたりすることもありましたが、いよいよ始動です。

朝日新聞の見出しは、「大学36%使わず」ですが、見方を変えれば「大学64%が使用」「国立大学94%が使用」と予想以上に前向きに進んでいるようです。

朝日新聞2019年10月5日の朝刊です。

オンライン英会話利用者も民間英語試験を受験し大学入試に備えましょう!

大学入試改革がいよいよ始まりました。2020年からは大学入試センター試験に代わり、民間英語試験が導入されます。

これまでは、「読む」「聞く」だった英語の試験が、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を求める試験の必要性が求められるようになりました。4技能を判断するテストを大学生全員に施すのは不可能です。そこで、民間試験の結果を提出すれば、それを英語試験の代用にするというものです。

しかし、地域差や費用の問題など公平性を保てないと、導入実施を要望する声が上がっていましたが、文科省はすでに後戻りはしないようです。

子供オンライン英会話Sレッスンの受講者の多くの方は英検に取り組んでいます。受験費用、受験者数を見ても「英検」は、民間英語試験の中でも「王道」です。

英検準1級に合格していれば、有名私立大学でもAO入試、学校推薦で一般の受験戦争に巻き込まれることなく進学できるチャンスが生まれます。

英語学習の一つの目安として、「英検」を学習目標にするのはとても良いと思います。しかし、そうはいっても自分だけで何をどう勉強したらよいのかわからないものです。そんな時に頼りになるのは、オンライン英会話Sレッスンの日本人講師です。

オンライン英会話Sレッスンの日本人講師には、英検の面接官をしている講師がたくさんいます。レッスンを受けながら、具体的な学習アドバイスも受けてください。

 

中学入試にも英検が利用されている。英語は幼児からが当たり前?!

朝日進学情報10月号の記事です。

一般的には、まだ小学校で英語は教科になっていません。2020年度から英語が小学校5年生、6年生で正式教科になることが発表されています。

ところが、都内の私立中学校では英語が受験科目(※選択制)にあるのです。

朝日進学情報では、1例として三輪田学年の入試では、英検の合格級により「みなし点」を加算してもらえるという記事が紹介されていました。

英検4級: 80点
英検3級: 90点
英検準2級以上: 100点

2020年の大学入試改革は、地域差の不公平さ等が取りざたされ、全国高校校長協会が民間試験の採用を延期するように嘆願書が提出されたそうですが、日本英語教育改革の大きな流れは変えられないでしょう。

備えあれば憂いなし。
英語は、将来、必ず必要になるものです。
お子さんが小さいうちから準備をしておいて損はありません。
それどころか、準備をしておかなければスタート地点にも立てないという事実が、朝日進学情報誌のニュースは物語っています。

 

幼児、小学生対象の「ビデオで英語絵本暗唱大会」を実施。さて、その実力は?

東京都の池袋と埼玉県の川越にある「ニッセイト英語専門教室」では、『ビデオで英語絵本暗唱大会』を実施しました。

小学生部門で入賞した生徒さんのビデオをご紹介します。

ニッセイト英語専門教室に通う生徒さんたちは、ほとんどが週1回のレッスンを受けています。週1回では、大した英語力はつかないという人もいますが、そんなことはありません。1位で入賞したYumeちゃんは現在小学校5年生。2才でニッセイト英語専門教室に入学し、週1回のレッスンを受けています。発音だって、帰国子女に負けません。

最近では、英語が話せるようにと英語のプリスクールに通わせている方もすごく増えているようです。しかし、英語のプリスクールに通わせれば英語が話せるようになるかというと、そんなことはありません。

 

英語のプリスクールを卒園し、小学校に入学した生徒が、英語力を維持させるためにオンライン英会話Sレッスンを初められる方はすごく増えています。しかし、レベルチェックをさせていただいて、唖然とすることがあります。3年間も英語のプリスクールに通っていながら、英語の会話能力がほとんどない生徒さんたちがいるのです。

確かに、その英語プリスクールには、ネイティブの先生がいたのでしょう。でも、だからと言って、子供は英語が話せるようになるわけではありません。現在の日本の英語教育界では、ネイティブ講師が非常に不足しています。ということは、スクールによっては、外国人であれば「英会話講師」として採用しているようなところもあるのです。通いの英会話スクールであれ、オンライン英会話スクールであれ、保護者はそこをしっかりと見定めなければいけません。さもないと、貴重な時間とお金をどぶに捨てていることになってしまいます。

講師は、英語をたくさん聴かせ、発話を促し、うまく言えたら褒めてあげ、英語を話すことに自信を与え、クラス全体が英語を話すことに活性化するように導ける講師でなければ、子供たちの英語力UPは期待できません。

そんな英語プリスクールに通わせるなら、日本をしっかり教えてくれて、幼児教育に必要な人間教育に力をいれている幼稚園の方が、よっぽど子供たちの将来性があります。

このご時世、大切なのは『時間』です。いかに時間を効率的に使い、最小限の時間で最大限の効果を生み出すかが大切です。

オンライン英会話だってそうです。
ただ、たくさん、レッスンを受ければ上達するかといったら、そうでもないです。
その生徒さんの意気込み、レッスンの内容、カリキュラム、講師の質に左右されます。ですから、生徒さんやその保護者の方は、しっかりとそのスクール、講師を見極めなければなりません。

ビデオで英語絵本暗唱大会の入賞者の動画、ニッセイト英語専門教室のHPサイトでご覧になれます。

ビデオで英語絵本暗唱大会 ( Video Recitation Contest ) 2019

来年は、子供オンライン英会話Sレッスンでも「ビデオで英語絵本暗唱大会」やってみますか?賛同の声が上がれば、検討します。

子供オンライン英会話実践中の方へ「教育で最も大切なこと」

子供オンライン英会話を実践されている方は、英語教育の最前線を行っている方が多いように思います。しかし、最前線を行くということは、まだ事例が少なく、落とし穴もあるといことを意識しておかなければなりません。

昨日、船津徹先生の「世界標準子育て」という書籍を紹介させていただきました。
その中で、特に印象的だったことをいくつか紹介させていただきます。

先日、韓国の英会話スクール視察に行ってきました。
ご存知の通り、韓国はこの20年間、国策として英語教育に取り組んできました。
韓国では、国内のトップ大学を出ても、英語ができなければ大企業に就職できないそうです。ですから、韓国では、「目指すはハーバード、オックスフォード、スタンフォードといった世界のトップ大学を目指す流れができています。

アメリカ大学ランキング

20年前まで、TOEFLの成績において韓国は、アジアで「下から3番目」でした。日本と同レベルです。ところが、今では、「上から3番目」です。
韓国の人口は、日本の役半分ですが、アメリカの大学に通う韓国人は日本の「3倍以上」。全米トップ大学への合格者数もアジアでトップクラスだそうです。

しかし、です。

アメリカのトップ大学に通う韓国人学生のうち約44%がドロップアウト(途中退学)しているのだそうです。

これは、急いだ高等教育を目指したために「心が育っていなかったから」と言われています。世界各国から集まる優秀大学では、自分以上の優秀な学生がたくさんいます。
そこで、初めて「負け/挫折」を経験する韓国人の学生が少なくないのだとか。

「敗北や挫折に直面した時に、『何くそ!負けないぞ!』と失敗しても再び立ち上がり、諦めずに継続できる力、強い心がなければこれからの変化の時代を生き抜くことはできない」と著者の船津徹先生は、警報を鳴らしています。

上記は、日本の教育にも当てはまるのではないでしょうか。小さいうちから受験対策の塾に通い、試験対策を行い、有名小学校、中学校、高校、そして大学を目指す。それ自体は、決して悪いことではありませんが、その過程で、子供に必要な本当の教育を親が与えているか。この一冊は、あるべき姿の「子育ての大切さ」に気づかせてくれます。

 

 

 

子供オンライン英会話を受講されている方にお勧めの一冊「世界標準の子育て」

スカイプなどを使用して子供オンライン英会話を受講されている方は、非常に英語教育に熱心の方が多いです。英語教育の最先端を実践されていると言っても過言ではないでしょう。

そうは言っても、
「このままでいいのかしら?」
「どんな学習方法がうちの子に合っているのかしら・・・」
「この先、どんな学習をしていったらいいのかしら・・・」

と、悩みながら試行錯誤されている方が多いのではないでしょうか?
英語学習の悩みを気軽に相談できる人がいることも大切です。

子供オンライン英会話Sレッスンでは、子供たちの英会話教室を運営しつつ、オンライン英会話のサービスも提供しているスクール代表が子供たちのレベルチェック、保護者の方の学習カウンセリングのご相談に応じています。

ご希望の方は、info@s-lessons.com にお問い合わせください。

私たちは、この約40年間、子供たちが成長の過程を見てきて、この時期にはこういった学習が必要で、使える英語を習得していくには、この年齢ではこういった学習をすべきという実践事例をもってが学習のアドバイスをさせていただいております。

しかし、それを文章化してきていません。ところが、船津徹先生の「世界標準の子育て」は、英語教育の理想、あるべき姿を文章化しています。どの項目も、「そうそう、そうなんだよ」と頷くことばかりでした。

これから英語教室を開こうとしている先生方、
お子さんに、世界で通用する英語力を身につけて欲しいとお考えの保護者の方に
是非、お勧めしたい一刷です。