小学校低学年生が英検2級を目指すには?

最近、英検取得はかなりブームになっているように思います。

土台になっているのは、学校の英語教育改革。今まで以上に、学校教育でも「使える英語」の必要性が求められています。

子供オンライン英会話Sレッスンでも、英検受験の低年齢化を感じます。

先日は、小1の生徒さんが英検3級に関して相談を受けました。一度、体験レッスンを受けていただきましたが、その先生は語彙の不足を指摘し、「キクタン英検3級」を用いたレッスンを提案されたそうです。

しかし、その生徒さん、英語よりも日本語の意味が分からなく、この学習方法に不安を感じて相談されてきました。

英検を英語学習の目的にしてしまうとこんなことが起こります。

海外に5年くらい住み、現地校に通っていたような帰国子女の生徒さんなら英検準2級や場合によっては英検2級も特別な対策をしなくても合格する生徒さんがいます。

同じように帰国子女の生徒さんも日本語に訳されたらわからない言葉がたくさんあるのではないでしょうか?

でも、帰国子女の生徒さんには、「本物の英語力」が養われていれば特別な準備をしなくても合格できるのです。

大きな違いは、インプットです。たくさんの英語を聞き、たくさんの英語を読んでいれば語彙は増えます。これこそが、小学校低学年の生徒さんが目指すべき学習方法です。

子供オンライン英会話では、オンライン多読・多聴のRaz-Kids, Raz-Plus, またOxford Reading Clubを推奨しているのもそのためです。短期間で著しい上達を遂げている生徒さんの共通点は読書好きなことです。

当然、試験にはテクニック的な対策も必要です。問題慣れしておけば合格率も上がります。そのためのオンライン英検指導レッスンはとても価値があります。でも、それはその受験する級に相当する英語力が備わっていることが前提です。