小学校の英語教科書”We Can” を入手!

いよいよ、小学校でも英語が教科になります。
文科省では、2020年度からとしていますが、すでに前倒しして英語を教科にした学校もあるようです。

さて、その教科書とは、どんな内容でしょうか?
小学5年生で使うのが We Can 1、小学6年生で使うのは We can 2 です。

内容的には、コミュニカティブアプローチでとても素晴らしいという印象を持ちました。

 

 

今までは、「外国語に親しむ」ということでしたから、先生たちのプレッシャーもさほどではなかったと思いますが、これからは「教科」です。つまり成績をつけなければいけません。ましてや、先生は、英語で指導するように求められています。それにも増して、指導しなければいけないのは英語の4技能(聞く、話す、読む、書く)です。

私たち英会話スクールの専門家が幼児から少人数で指導し、5、6年かかる目標をいきなりここまで求めてしまう、いや求めざるを得ない状況に現在の日本は置かれているのだと思いますが、理想は良いとしても現実を見ているのだろうかと疑ってしまいます。気がかりなのは、この波に置いていかれてしまい、英語嫌いになってしまう子供たちが増えてしまわないかといった懸念です。