船井総研による勉強会

ニッセイト英語専門教室は、船井総合研究所の「スクール経営サポート倶楽部」に所属しています。今日は、今年最後の勉強会の日です。

「スクール経営サポート倶楽部」は、経営コンサルタント会社の船井総業研究所が、全国の学習塾や英会話教室、パソコン教室、音楽教室、そろばん教室などを経営する人たちをサポートする目的で実施している勉強会です。東京と大阪で年に6回くらい実施されています。各分野の人たちが、それぞれの分科会に分れ、現在の諸問題、各スクールの取り組みなどを披露し、意見交換をしています。

講義の部門では、繁盛スクールの具体的な取り組み成功事例などの紹介、現在のトレンド、時流、将来において備えるべき注意点などの講義を受けています。

大手の英会話スクールは、所属しておりませんが、全国の英会話スクールを経営、運営されている人たちの集いはとても勉強になります。

日本の英会話スクールは、今大きな流れの中にあります。ひとつは、少子化問題。子供の数は年々、減り続けています。今後20年間で16歳以下の人口は約30%減る。そんな中で生き続ける英会話教室はどうあるべきか、現在の勉強会の大きなテーマです。

子供の数は減少していますが、英語の必要性は高まるばかりです。流れのもう一つが5年後に控えた東京オリンピックです。東京オリンピックの実施が決まってから英語教育会も活気を帯びてきました。しかし、油断はしていられません。大手英会話スクールのNOVAは2007年に倒産、大手ジオスも2010年に倒産しました。

そんな中、中小企業の英会話スクールは、大手に負けまいと懸命に皆さん、努力をされてきています。勉強会では、お互いが切磋琢磨し、新たな試みを披露し、成功事例に習い、それぞれのスクールの魅力をさらに磨いています。

オンライン英会話スクールのトレンドは?
これから時代に求められる英会話スクールとは?

今日もまた、大きな収穫を求めて勉強してきます。