英語プリスクールを卒園。その後は?

最近、英語のプリスクールに通う生徒さんの数はだいぶ増えたように思います。

プリスクールを卒園した生徒さんも、帰国子女並みの英語力を保持した生徒さんもいれば、ほとんど英語が話せない生徒さんもいます。プリスクール選びは、よーく吟味した方が良いということを痛感します。

英語のプリスクールに3年も通いながら話せないと生徒さんの場合、英語を聞いて理解できるものの、自分の言いたいことを発話できないといった傾向があります。
たぶん、プリスクール内でもネイティブの先生はいたものの、ひとり一人に発話を促せるようなケアが少なかったのだとおみます。しかし、こういった環境では、積極的な生徒さんは確かに発話が上達しますが、恥ずかしがり屋の生徒さんだったりすると発話の機会もあまりなく時を過ごして放置されてしまっていたのではないかと危惧してしまします。

そんな生徒さんにおススメなのが、格安でプライベートレッスンが受けられるオンライン英会話【Sレッスン】です。Sレッスンの特長は発話量が多いところです。また、先生の質問に答えるだけでなく、質問する練習をたくさん行いますので、発話する自信もついてきます。質問ができないと、会話のキャッチボールは続きません。

 

英語プリスクール時代に、フォニックスを学習し、絵本を自力で読めるようになっている生徒さんもいれば、聞く、話すはできても英語の読み書きが全くできない生徒さんもいます。しかし、読みができない生徒さんがこれから英語力を上達させようとしたときに限界もあります。インプットが耳からしかできないわけですから。

日本語でもそうですが、語彙力、思考力を養っていくのに読書は不可欠です。
Sレッスンでも、英語のプリスクールを卒園したという生徒さんがたくさんいますが、そういった生徒さんがさらに語彙力を伸ばしていくのに、多読を進めています。ORT(Oxford Reading Tree)は、一番のおすすめです。また、英語絵本読み放題のオンライン図書(Reading Farm)もぜひ、利用していただきたい学習プログラムです。

オンライン英会話【Sレッスン】の帰国子女レベルのクラスでは、英語のプリスクールを卒園した生徒さんたちもたくさんいます。このクラスカリキュラムで一番人気がORT(Oxford Reading Tree)を利用した、物語描写の表現練習です。読みの練習というよりも、絵や物語の描写練習、自分の感想などを表現する練習をたくさん行います。英語力が帰国子女並みにある生徒さんで、これまで培った英語を保持していきたいといった方は、ぜひ、この帰国子女レッスンをお試しください。