Sレッスンの特長は?Part 2

多彩な講師です。これからの英語教育は4技能(聞く、話す、読む、書く)の習得がが増々必要とされます。そのためには、ネイティブ講師だけでは不十分です。日本人講師とネイティブ講師がそれぞれの持ち味を活かした指導が英語の4技能をバランス良く習得していくためには必要です。大手のオンライン英会話は現地フィリッピン人講師を採用した格安のレッスン料金をウリにしています。インプットが十分にある生徒さんであれば、アウトプット(発話)練習の場として良いかもしれません。しかし、お子さんが英語を習う場合、知識の吸収だけではありません。アメリカ人講師、イギリス人講師のようにアジア圏以外の肌の色の違う外国の人たちと触れ合うこともメンタルブロックを解消していく上で必要です。また、日本人特有の間違いや傾向を自らの経験上知る日本人講師の質の高い細かなサポートは非常に定評があり、いろいろ学習上の相談にものってもらえるのでその存在は心の大きな拠り所になりえるでしょう。

実際にSレッスンに登録している講師は、子どもの英語教育界で活躍している、また活躍してきた実績のある講師陣です。こういった講師が、スケジュールを調整して実際に英語教室に通えない人たちのために時間を提供してくれています。