Skypeで英語日記を添削

最近、お問い合わせに「書く力をつけたい」という要望が多く寄せられるようになりました。

ご存知の通り、英検2級では、今年6月の試験から『小論文』の問題が出題されます。これまではマークシートでしたらか、確率は4分の1ありました(笑)。しかし、これからはそうはいきません。自分の意見を述べ、なぜそう思うかを論理立てて説明しなくてはいけません。こういった能力は1昼夜では身に付きません。日々、継続があってこそです。

子供オンライン英会話【Sレッスン】の中級科では、英語ジャーナル(日記)を書くことを毎回の課題にしています。

では、書いたものをどのようにして添削するか?

いろいろ方法はあると思いますが、今、一番多く利用されている方法が、ジャーナルをケイタイの写真で撮り、それを「ファイルを送信」の機能を使って事前に送っていただいています。

スカイプの画面では、「ここにメッセージを入力」というテキストボックスが画面下に現れると思います。そのテキストボックスの右側にクリップのアイコンがあります。または、カメラ、ノートのアイコンがあります。スマホなどでは、「+」のマークです。このアイコンをクリックすると、自分のパソコンの中に保存したファイルや画像を選択することができ、送信ボタンを押すと、指定した相手にそのフィルや画像が送られます。

添削の方法としては、先ほどのテキストボックスに正しいスペルを書いてあげたり、より適切な表現方法を記してあげたりしてげるのが一般的です。すると、相手側のパソコン画面にオレンジ色でメッセージが届いたマークがつきます。それをクリックすると、相手が入力してくれたメッセージを画面でお話をしながら見ることができます。また、ある先生はテキストサイズのホワイトボードを使って示していました。

スカイプには、こういった便利な機能がたくさんついています。お時間のある時に、「スカイプでどんなことができるんだろう?」と興味を持って一度、調べてみることをおススメします。

※スカイプの便利な機能(参考サイト)
http://www.skype-lab.com/file/send.html
http://www.skype.com/ja/features/
http://skype.week-navi.net/02tukaikata/