オンライン英会話はOutputが基本です。

子どもの英語学習では大切なことは、Input(インプット)とOutput(アウトプット)のバランスです。

Input、つまり、知識を得るための学習です。
Output は、習った知識を使う練習です。

日本人の多くは、長期間の英語学習の実績があるにもかかわらず話せないのは、Outputの学習が圧倒的に足りないからです。これまでの学校の成績もInputの評価が中心でした。しかし、時代はグローバス社会になり、いざ社会に出てこれまでの英語学習があまり役に立たないことがわかってきました。文科省もこれではいかんと、やっと指導要領の変更を打ち出しました。使える英語力を身につけるための4技能修得です。これが、2020年からの大学入試改革です。

さて、オンライン英会話の利点はたくさんあります。

1)通学時間がないので、時間を有効に活用できる
2)1対1のワンツーマンのため、濃縮した発話練習(Output)ができる
3)プライベートレッスンのため、自分のペースで学習できる

特に最近、Sレッスンでは帰国子女の生徒さんが非常に増えています。
これは、帰国後にOutput の場が非常に少ないということの表れでもあります。
都心部では、「帰国子女クラス」はありますが、授業料も平均して週1回のレッスンで、月額15,000円~30,000円と非常に高額です。地方では帰国子女クラスがなかったり、また、あっても非常にレベル差がある混合クラスだったりしています。

その点、オンライン英会話Sレッスンは非常に優秀な欧米のネイティブ講師が指導しているにもかかわらず低料金でしかも個人のレベルに合わせたプライベートレッスンが受けられるわけですからコストパフォーマンスの高さは抜群です。
特にSレッスンでは、多くのネイティブ講師は、実際に池袋や川越のニッセイト英語専門教室で「帰国子女クラス」を担当するベテラン講師ですから、その指導クオリティには自信があります。