オンライン英会話利用者も民間英語試験を受験し大学入試に備えましょう!

大学入試改革がいよいよ始まりました。2020年からは大学入試センター試験に代わり、民間英語試験が導入されます。

これまでは、「読む」「聞く」だった英語の試験が、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を求める試験の必要性が求められるようになりました。4技能を判断するテストを大学生全員に施すのは不可能です。そこで、民間試験の結果を提出すれば、それを英語試験の代用にするというものです。

しかし、地域差や費用の問題など公平性を保てないと、導入実施を要望する声が上がっていましたが、文科省はすでに後戻りはしないようです。

子供オンライン英会話Sレッスンの受講者の多くの方は英検に取り組んでいます。受験費用、受験者数を見ても「英検」は、民間英語試験の中でも「王道」です。

英検準1級に合格していれば、有名私立大学でもAO入試、学校推薦で一般の受験戦争に巻き込まれることなく進学できるチャンスが生まれます。

英語学習の一つの目安として、「英検」を学習目標にするのはとても良いと思います。しかし、そうはいっても自分だけで何をどう勉強したらよいのかわからないものです。そんな時に頼りになるのは、オンライン英会話Sレッスンの日本人講師です。

オンライン英会話Sレッスンの日本人講師には、英検の面接官をしている講師がたくさんいます。レッスンを受けながら、具体的な学習アドバイスも受けてください。