子供オンライン英会話Sレッスンは他社より割高??

子供オンライン英会話Sレッスンに登録したのに、継続されていない方に尋ねてみました。

理由は、「他社のオンライン英会話より割高なので…」と率直なご感想をいただきました。なるほど…。

自分たちは、「格安!」と思っていたのですが、比較対象が異なれば確かにそういう見方もできます。だってフィリピン講師を使ったオンライン英会話では、「月額9800円で毎日レッスンができる」とうたっているところや、海外に住む日本の留学生や国内の大学生を中心に格安でレッスンを提供しているところもありますから。

たしかに、そういうところと比較されると、「割高」と感じられても無理はありません。

しかし、Sレッスンは、実際に英会話スクールで実際にレッスンをしている先生がほとんどです。日本では、ネイティブ講師を1名採用するのに月額約300,000円の経費がかかります。週休2日として、月間勤務日数は約22日。1日に1講師ができるレッスン数は最大でも10コマ程度です。ということは、

300,000円÷22日÷10レッスン=1,363円

つまり、ネイティブ講師を雇用するには、最低、1レッスン1,363円を10レッスン以上持たないと赤字になってしまうということです。

一方、フィリピンの物価は日本の約1/10です。つまり、日本では、フルタイム講師の人件費が月額300,000円かかるのに対して、フィリピンではおよそ月額30,000円です。格安でオンライン英会話レッスンの提供できる理由がそこにあります。

子供オンライン英会話Sレッスンを運営するニッセイト英語専門教室のプライベートレッスンは、50分レッスンで5,000円(税別)をいただいています。大手英会話スクールの相場は、5,000円~10,000円です。

では、なぜそんな赤字覚悟をしてまで、Sレッスンは事業を行おうとしているのか?

私たちは、もっと先を見ています。
現在は、確かに格安のオンライン英会話が注目されていますが、今後は質の高い子供のための英会話レッスンが必ず求められる時代が来ると確信しています。

私たちは、子供の英語教育には、日本人講師とネイティブ講師の両方が欠かせないと考えています。ネイティブと言っても日本人は欧米人に委縮してしまう文化がありますから、メンタルブロックを克服する意味においても欧米人等の外国人講師に慣れ親しむことは大切です。それぞれの講師が、それぞれの特長を活かすことで、理想的な英語教育を提供できると考えています。その理想を英語学習環境を提供していくことこそ私たちの使命(ミッション)と考えています。

現在、私どものスクール(ニッセイト英語専門教室)には約550名の生徒さんが通ってきていただいています。中には、片道1時間かけて通っていただいている方も少なくありません。

しかし、様々な理由で通学する時間が取れない、保護者のお仕事の都合で送る迎えができなくなった、というかたもいらっしゃします。

そういった方々にとっては、自宅で英会話レッスンが受けられるオンライン英会話は願ったりの選択肢です。グループレッスンにはグループレッスンの良さがあり、マンツーマンのオンライン英会話には、またその良さがあります。しかし、どちらの場合も、子供たちの英語教育においては共通の大切なアプローチがあります。

私たちは、子供たちが、英語の楽しさを体験し、英語を使える喜びをもっとたくさんの子供たちに伝えていきたいと考えています。そして、ここで学んだ子供たちが、しっかりとした英語力を身につけ、将来、グローバル時代を担っていってくれること願ています。