2020年度大学入試に向けて準備すべきこと

2020年度から、大学入試が大きく変わります。英語は、中でも特に大きく変わります。これまでと一番の違いは、グローバル時代に対応した「使える英語力」を入試の材料にしようというようになったことです。

しかし、「使える英語4技能」の試験を各大学が作るのは不可能です。そこで、文科省は、民間試験の結果を利用しようとなったわけです。その民間試験で採用が決定したものは、

・新型英検
・GTEC
・ケンブリッジ英語検定
・TEAP
・TEAP CBT
・IELTS
・TOEFL CBT

現在の高校2年生は、来年4月から12月までに受けた試験の成績が、受験大学に送られ、合否の判定に活用されるというものです。

受験生は、今から準備しなくてはいけません。自分の受験しようと思っている大学が、どの試験を推奨しているのかの情報を入手しなければなりません。
そして、いつ受験するのか、その試験会場はどこにあるのか、試験の申し込みはいつからなのか。上記各試験は、1日で英語の4技能を判定するテストなため、試験会場の収容人数は非常に限られています。受験者が殺到すれば、希望する試験を受けられないということも起こりえます。新型英検の受験を希望される場合は、既に予約申し込みが始まりました。

早め早めの準備が必要です。
オンライン英会話Sレッスンを利用されている人の中にも受験生がたくさんいます。
下記のに掲載されていたチャートを参考に、来年の受験生でなくても準備を始めましょう。