英語学習にはインプットとアウトプットが大切!

子どもオンライン英会話Sレッスンのブログでも、過去に何度か「英語学習にはインプットとアウトプットが大切」ということを書いてきました。

池袋と川越にある子ども英会話教室『ニッセイト英語専門教室』では、毎月、月刊誌「ニッセイトニュース」を発行し、通ってくる生徒さんや保護者の方にお渡ししています。

2020年1月のニュースでは、「英語多読」をご紹介する中で、「英語学習はインプットとアウトプットが大切」と紹介しました。「多くの日本人が英語を何年も勉強しているのに話せないのは、圧倒的にアウトプット練習が足りないからです」と。

その記事を読んで池袋スクールに通う小3のRento君は、これを読んだとき、
「これだ!」
と思ったそうです。そして、自分でも「インプット」「アウトプット」という言葉をインターネットで調べ、自主学習用のノートにまとめ、学校に提出したそうです。そのノートが、こちらです。

小学3年生でありながら、ここまでしっかり整理して、まとめ上げたノートにビックリすると同時に、とっても嬉しい気持ちになりました。

お母さんにお話をうかがいました。

自主学習の件ですが、ニッセイトニュースから引用させていただいたのでお見せしなければと思い持参いたしました。
英検の勉強をしている時期だったので、我が家にとっては尚のこととても心に響く内容で、私達が蓮都に言葉で伝えるよりも、ニッセイトニュースを読んで、蓮都自身が自分の心にバチっと当てはまったようでした。
いつも興味深い内容の話題を取り上げてご教示下さり、本当にありがとうございます。

Rento君(小3)のお母様談