mpi(旧松香フォニックス研究所)ってどんなとこ?

1975年、松香洋子先生はアメリカの大学院に子連れ留学した時に、子どもたちがこの方法で読み書きを学んでいる光景に感動し、帰国後日本に紹介しました。その後、松香フォニックス研究所を設立し、教材開発、講師研修、人材育成と日本の英語教育に大きな役割を担ってきました。現在は社名をmpiに変え、その教材は世界各国で使用されています。厳しい研修を経て認定された先生がパートナー会員となることができ、教室開設、運営を許可されるシステムになっています。

フォニックス学習は日本人学習者にとって大きく3つの効用があります。
1) フリガナや発音記号に頼らずに英語を読める
2) 英語の音声を聞くと推測してつづりを書くことができる
3) 文章や文字を読むときに英語らしく発音できる