ディズニー「英語システム」で英語に親しんできました。でも発話が・・・。

小3の男の子を持つお母さんからお問い合わせをいただきました。

この男の子は、2才からずーっとこれまでディズニーの英語システムで、英語に親しんできました。ただ、お母さんの悩みの種は、発話の機会がほとんどないこと。オンラインもいろいろなところで試してみたそうですが、納得できるところはなかったそうです。

でも、【Sレッスン】のホームページを訪れた時、「ここなら!」という期待感があったとか。

まずは、レベルチェックをさせていただきました。

発音がとってもきれいでした。やはり2歳ぐらいからたくさんの英語の音を聴いているお子さんは違います。質問の内容もしっかり理解できていました。受け答えもまずまず。語いもたくさん知っているようです。これからの目標は、自分の気持ちや言いたいことを文章で伝えられるようになればと思いました。

このレベルのお子さんにオススメなのが、「Basic 2」のカリキュラムです。内容は、
1.Show and Tell
2. Topic Cards
3. Oxford Reading Tree

の3構成です。

Show and Tell は、自分の宝物紹介です。宝物でなくてもよいのですが、自分の大事なものや持ち物を英語で紹介し、先生と会話を楽しみます。

Topic Cards は、【Sレッスン】のマイページから無料でダウンロードできるPDFカードです。生活に身近な質疑応答を50表現用意しています。ポイントは、答えるだけでなく、先生に質問ができるようにします。会話で大切なのは質問力です。質問ができないと、会話が相手任せで弾みません。

次に、Oxford Reading Tree を使います。こちらは読みの練習ではなく、どちらかというと物語を説明する練習を行います。最初は物語も読みながら質疑応答。最終的には、文字を隠して物語を説明してもらいます。

 

レッスン終了後、「こんなに発話量が多いレッスンは初めてでした」と大満足いただけたようです。

英会話ができるようになるためには、そのためのアプローチ方法があります。
ただ、テキストを毎週、先に進めるだけのレッスンでは、話せるようになりません。
良いレッスンは、ただ楽しいだけでなく、「この方法なら話せるようになりそうだ!」といったワクワク感が必ずあるものです。