英検2級の壁

最近、英検熱が非常に高まってきたように思います。英語を幼児から始められている多くの人たちが目標にしているのが、小学校で英検3級合格、中学生で英検準2級合格、高校生までに英検2級合格です。

最近は小学生でも英検準2級に合格する生徒さんがニッセイト英語専門教室でも見られます。ただそこから、英検2級の壁は高いです。まず、語いが足りません。語いを養うために、英検2級のための「単語集」を即興で学習しても、実力にはそれほど反映しません。というより、そのそういった語いの日本語が身近になっていないためうまく吸収できないのです。また英検2級以上では、出題内容も、社会現象、時事、などが多く含まれます。日頃から、ニュースなども見聞きし、時事問題にもある程度精通し、社会の出来事に関して会話ができることが求められています。

英検2級を目指して伸び悩む生徒さんの共通の弱点は国語力にあることが多いと思います。端的に言えば、読書をしていない生徒さんです。英検2級以上は、読みこなす力、つまり読解力が必要です。母国語の日本語で読書をしていない人が、英語で読書をしていることは稀でしょう。母国語の土台がしっかりしていないと、英語も中途半端になってしまう可能性があります。

お子さんをバイリンガルに育てたいと思われるなら、英語以上に読書や母国語の学習が必要です。最近、英語のプリスクールがすごく人気のようですが、しっかりと母国語の教育のことも考えていかないと、将来、逆に苦労することになるのではと危惧します。