現役で翻訳、通訳をされている先生に習ってみませんか?

この度、日本人男性のハッシー先生に登録いただきました。ハッシー先生は海外を飛び回っている現役バリバリの翻訳家、そして通訳です。当然、英検1級も持っていらっしゃいます。
ハッシー先生は、日本人が世界で通用させるための英語のコツも心得ています。所属する機関で新人スタッフの英会話研修にも携わってきました。現場力の英語、実践英語、ビジネス英語、また、英検対策や英作文にご関心のある方はぜひ、受講されてみてください。

ジェラミー先生のレッスンに感動!

ジェラミー先生のレッスンを受講されたTさん(30代)から感想を寄せていただきました。

初めてオンライン英会話レッスンを受けました。本当に対面で話しているような感じでレッスンが受けられたので驚きました。会話もいつも通り、リラックスして話せたので楽しかったです。

ジェラミー先生(アメリカ出身)は、聞き取りやすいようにゆっくり話してくれて、会話が少しでも長く続くように導いてくれました。「英語を話せた!」という充実した時間を過ごせて、とても満足感がありました。夫は出張でよく海外に行くので、ぜひ、夫にもジェレミー先生のレッスンを勧めたいです。

Skype で 生徒さんにプリントをどうやってみてもらう?

一番簡単な方法は、カメラレンズにプリントを近づけてみてもらう方法です。しかし、フラッシュカードのような大きな画像でしたら有効ですが、文字の多い文章では読めません。

では、どうするか?
オススメなのは、事前にSkype(スカイプ)画面で、相手のSkype ID に対して添付ファイルとして自分のコンピューターに保存されているものを送信する方法です。PDFファイルであれば、ほとんど見てもらうことができるでしょう。写真やビデオなどを題材にレッスンを進める場合も利用できます。

また、レッスン中でSkype-通信画面あればどうするか? この場合も、Skype には便利な機能があります。
画面下に 青まるで「+」のマークをクリックしてください。上記の添付ファイルを送るのと同じように自分のコンピューターに保存されているドキュメント(ワード、エクセル、写真画像、PDF、動画など)を相手に送ることができます。ただ、注意しなくてはいけないことは、フィアル容量が大きすぎると相手方がダウンロードするのに時間がかかってしまうことです。1枚のPDFでしたらあっという間です。そうすれば、生徒さんも先生の用意したプリントを見ながら会話をしたり、問題を解いたりできますよ。

参考
http://www.skype-lab.com/file/send.html

 

 

オンラインの教材について

オンラインレッスンでは、英語学習テキストの使用に関して心配されていらっしゃる方も多いようです。レギュラーコースでは、講師は、Sレッスン講師用ダッシュボードからダウンロードしたPDFファイルをプリントして使うことができます。会員の方も家庭学習ように使いたといった場合は有料でダウンロードできます。歌の教材やテキストはお持ちでない場合、各自でご購入いただきレッスンに臨んでください。歌のCD等はご家庭でもたくさん聞いてほしいと思います。言語学習の臨界期は10才くらいから急激に落ちると言われていますので、幼少期、小学生の間はとにかくたくさん英語の音を聴くことが大切です。

また、フラッシュカードやトピックスカードは、『prezi (プレジ)』という、プレゼンテーション用の無料ソフトを使ってレッスンを進めることもできます。まだ馴染みのないソフトかもしれませんが、高額な優良ソフト『パワーポイント』よりも使いやすいという評判もたち、海外では急速に広まっています。講師登録された方は、ぜひ使用してみてください。講師用のダッシュボードに「使用教材」として公開しています。オンラインレッスンではこれから非常に便利な学習支援ツールになると思います。

「先生におまかせコース」で、特定の教材を使用する場合、生徒さんにその旨をご案内し、準備していただいてください。

prezi

初レッスンの感想 

初のスカイプレッスンを無事に終了しました。思っていた以上に、スカイプでも結構レッスン展開してけます。体をあちこちには動かせないので、座っていることが多くなるので25分というレッスン時間は、集中してもらうのにはちょうといいですね。

Chisato

Sレッスンの特長は?Part 2

多彩な講師です。これからの英語教育は4技能(聞く、話す、読む、書く)の習得がが増々必要とされます。そのためには、ネイティブ講師だけでは不十分です。日本人講師とネイティブ講師がそれぞれの持ち味を活かした指導が英語の4技能をバランス良く習得していくためには必要です。大手のオンライン英会話は現地フィリッピン人講師を採用した格安のレッスン料金をウリにしています。インプットが十分にある生徒さんであれば、アウトプット(発話)練習の場として良いかもしれません。しかし、お子さんが英語を習う場合、知識の吸収だけではありません。アメリカ人講師、イギリス人講師のようにアジア圏以外の肌の色の違う外国の人たちと触れ合うこともメンタルブロックを解消していく上で必要です。また、日本人特有の間違いや傾向を自らの経験上知る日本人講師の質の高い細かなサポートは非常に定評があり、いろいろ学習上の相談にものってもらえるのでその存在は心の大きな拠り所になりえるでしょう。

実際にSレッスンに登録している講師は、子どもの英語教育界で活躍している、また活躍してきた実績のある講師陣です。こういった講師が、スケジュールを調整して実際に英語教室に通えない人たちのために時間を提供してくれています。

Sレッスンの特長は?

一番の特長は、42年の実績のある教室が運営しているということではないでしょうか?この間も、ニッセイト英語専門教室は、子どもたちにとって理想のアプローチ方法を探求してきました。どうすることが週1回教室に通うだけで、効率的に英語を習得できるか。週に1回、英会話教室に通うだけでは英語は決して話せるようになりません。基本的には英語の習得は学習量に比例します。ただお子さんの場合は海外転勤を命じられた社会人と違い、切羽詰った学習の必要性はありません。興味をもってもらい、無理なく、徐々に語いを増やし、言葉のキャッチボールを楽しむ工夫が指導者に求められます。オンライン英会話でも同じことが求められます。まだ、オンラインレッスンを立ち上げたばかりで、リアルな教室運営でのアプローチが活用できない部分もあると思います。正直、まだまだ試行錯誤の部分もあると思いますが、思いはひとつです。子どもたちが英語を使う楽しさを感じてもらえるように、私たちがサポートしてお子さんの上達を見守っていきます。

オンライン英会話のメリットは?Part 3

気軽にいろいろな講師を選べる。小さい英会話教室ですと、ひとりの先生にずーっと習うことになります。これは良くもあり、悪くもあります。良い面は、生徒さんのことを良く知っているので安心感があることではないでしょか。悪い面は、生徒さんが緊張感がなくなり、出会う喜び、言葉の通じる感動が薄くなってしまいやすいことです。言葉を習う醍醐味は、通じた時です。相手を理解し、自分を伝えられた時です。この感動が、言葉を学ぶモチベーションになります。そういう意味において、オンラインレッスンでは、気軽に講師を選べ、いろいろな国の人と出会えることにあります。国が違えば発音やイントネーションも多少異なります。でも、そんな違いに触れるのも大切な学習です。アメリカ人だけが英語を話すのではありません。オンライン英会話では、ぜひ世界中の人と出会い、コミュニケーションの楽しさを味わってほしいと思います。

オンライン英会話のメリットは?Part 2

子どもと先生のマンツーマンレッスンになります。つまりプライベートレッスンです。クラスに6名の生徒さんがいたら発話量もその6分の1。消極的な生徒さんならそれ以下になってしまうこともあります。分らないレッスンをそのまま進行されてしまうのも苦痛です。プライベートの良さは、その生徒さんのペースで他の生徒さんの進み具合を気にすることなく学習ができることです。またここを見て欲しい、教えて欲しいといった生徒さんのわがまま(?)も聞き入れてもららいやすいのも嬉しいですね。

通学形式の教室でプライベートレッスンの相場は、50分レッスンで5,000円から10,000円程度です。それを考えると、通学時間の必要のないオンラインレッスンはとても割安と考えられます。

オンライン英会話のメリットは?Part 1

送り迎えの必要がないというのは最大のメリットですよね。最近のお子さんたちは、毎日、いろいろな習い事や塾で超多忙です。英会話教室に通えば、通学だけで片道30分~1時間。最低でも2時間くらいは要してしまいます。お子さんが幼児だったり、まだ小さい場合は、保護者の方の時間も奪われます。でも、オンライン英会話はインターネットとスカイプの環境さえあればどこでもできます。時間の有効活用ができることが、超多忙なスケジュールのお子さんには大きなメリットといえるのではないでしょうか?