家庭でできるフォニックス学習

ここ何日かに渡り、フォニックス学習の大切さを述べてきました。大手の英会話コーステキストにも最近は必ずと言っていいほどフォニックス学習のページがあります。書店でもフォニックスに関する教材をたくさん目にするようになりました。また、英会話スクールでもネイティブ講師が教えるフォニックスは聞こえがいいです。

しかし、日本人の子どもたちが習うフォニックスの指導方法は、英語の音をたくさん聞きなれた欧米の子どもたちのための指導方法とは異なります。発音もそうですが、一番の期待効果は読めるようになることです。文字と音の法則性を学び、効率よく学習していくことにより、子どもたちに負担なく、英語を読むことに興味付けをし、短期間で読目るように指導することです。

mpi では、英語を教える講師のためのフォニックス講座、研修を全国で展開しています。mpiのパートナー会員は、こういった研修に参加し、指導者試験に合格し、指導資格を有しています。ニッセイト英語専門教室でも、mpi の教材を使いながら、独自の研修で指導を受けた講師がその指導に当たっています。Sレッスンに登録している講師もそういった先生がたくさんいます。こういった先生からフォニックスを習えれば、英語が読めることの楽しさを発見でき、文字を通してますます効率的に英語を上達させていけることができると思います。

オンライン英会話でもフォニックス学習をご案内しておりますが、まずは家庭でできることもあります。

英語を読めるようにするためには、小文字が必須です。
1) 大文字の26文字をカードにして順不同で40秒くらいで読めるようにすること。
2) 小文字の26文字をカードにして順不同で40秒くらいで読めるようにすること。
3) 大文字カードと小文字カードを神経衰弱ゲームなどで親子の関係を定着させること。
4) 大文字26文字を順に1分以内に書けること。
5) 小文字26文字を順に1分以内に書けること。
6) 大文字、小文字を並べて1分以内に書けること。
7) アルファベットのそれぞれの文字には音があることを学ぶ。
オススメは、”Songs and Chants” に収録されている”Phonics Song” (mpi 出版)Songs and ChantsDVD
Youtube で視聴する”Phonics Song” 【KIds TV 123】 など。

1文字1音を学んでおくと、後はその規則性を学ぶだけなどで、非常に効率よく英語を読む力が習得できます。

 

子どもの英会話学習で大切なこと

10才のお子さんを持つお母様からお問い合わせをいただきました。


「3才から英会話を始め現在10才。英検5級のリスニングはほぼ満点で合格しました。でも文字を読むことが上達しません。この調子だと英検4級は程遠いと思い、読みを強化してくれるスクールを探しています」というような内容でした。


ネイティブの先生に英会話を習うことは、最近ではとてもトレンドであり、主流になってきています。小学校でもALT(Assistant Language Teacher) が活躍しています。しかし、「英語はネイティブに習えばいい」と考え、ネイティブ講師任せにしてしまうのは危険?です。

学習者の年齢に応じて、今どんなことを学習することが大切か、効果的かを指導者がしっかり理解できて、指導計画を立てているかどうかがとても大事です。これからのグローバル社会に対応した英語力を身につけるためには、英語の4技能(聞く、話す、読む、書く)をバランス良く身につけることが大切です。日本人講師とネイティブ講師がそれぞれの利点と持ち味を活かして指導していくことが一番効果的な学習効率を生み出すことができると私たちは考えています。

昨今、オンライン英会話といえばフィリピン現地の講師が教える格安英会話が目立ちます。社会人のために始まったスクールが、保護者の要望に応えて子ども英会話も対応を打ち出しています。知識として養った英語を使う練習の場としては大いに利用価値はあると思いますが、そこに英語学習のすべてを委ねてしまうのはどうかと思います。幼児や小学生の子どもの英語学習に関しては尚更です。

通学形式の英会話スクール、オンライン英会話スクールを探す際に大切なことは、しっかりした長期のカリキュラムがあり、そのカリキュラムに英語の4技能がバランス良く身につく論理性があるか、実績があるかを見抜くことです。
「安物買いの銭失い」ということわざもあります。大切なのコストパフォーマンスです。今の時代、時間こそがとても貴重です。少ない時間でどれだけ効率良く習得できるかが大切なのです。ぜひ、英会話教室選び、オンライン英会話スクール選びの参考にされてみてください。

 

小学生に大切なフォニックス学習

小学生でもある程度、語いも増えてきて簡単な会話にも親しんでいる生徒さんが次に取り組むべきことは読めるようになることです。

日本語でもそうですよね。文字を読めるお子さんは、絵本など、自分で読めるようになると嬉しくてたまりません。読むことに興味を持ったお子さんは、自ら探究心を高め、文字を通していろいろなことを学べる喜びを感動を体験します。同時に知識意欲が高まり、読めるようになることで自主学習ができるようになります。

英語にも素晴らしい教材がたくさんあります。レベルが高度になっていくに従い、読めることは不可欠です。読めるようになれば、保護者の助けがなくても宿題をやったり、予習をしたりして家庭学習が効果的に進み、著しい上達を期待することができます。

では、どうやって読めるようにしていくのでしょう?

This is an apple. ディス イズ アン アップル。 ?!?!?!

保護者の世代は、聞いた英語を無理やりカタカナに置き換えて、フリガナをつけ、暗記します。

しかし、これでは正しい発音も身に付かないどころか、読めるようになるまでに相当の労力を要します。そんな日本の英語教育界に画期的な文字の読み方の法則(フォニックス学習)を紹介したのがmpi(旧松香フォニックス研究所)の会長の松香洋子先生です。

 

フォニックスって何?

英語のアルファベットには文字の名前です。 A = エイ という名前です。でも、Aは、「ア」という音を持っています。Bは、「ブ」という音を持っています。それぞれの文字は、音を持っています。フォニックスは、英語の文字と音を結びつける学習法があります。いわば、音の足し算です。

B+A+T = BAT bat

 

 

フォニックスを学ぶことにより、書かれた英語を正しい発音で話し、聞いた英語を書くこともできるようになります。フォニックスの指導を行うと子どもたちは英単語を見ただけで正しく読むことができるようにもなり、発音も日本語発音でなく英語らしくできるようになります。また、フォニックスルールを学ぶと中学校の教科書の70%が読めるようになると言われています。

フォニックスを学ぶことにより、書かれた英語を正しい発音で話し、聞いた英語を書くこともできるようになります。

中学生に上がる前には、ぜひ、この学習で英語を読めるようにしておくことをお勧めします。中学での英語の授業にとてもスムーズに溶け込めると思います。

フォニックス教材も学習者の年齢に合わせていくつか種類があります。

小学校低学年生にオススメは?

小学生のフォニックス

Thisisphonics

LSP

TOP

AP

上記テキストの注文は、下記サイトからできます。

http://www.mpi-j.co.jp/store/
(mpi オンラインストア)

 

 


mpi松香フォニックスについて|

1975年~78年、株式会社mpi松香フォニックスの創設者・松香洋子は、アメリカへ2人の子どもを連れて留学しました。
そこで3年間わが子の英語習得力に驚嘆して毎日を送ります。ある小学校で、つづりと音の規則性を学ぶフォニックス学習法にはじめてであったときは、「これだ!これだ!」と叫びたくなるほど感激しました。
「子どもは語学学習の天才だ。この先天的な語学習得力を生かしたい」「丸暗記やフリガナに頼らずに、自分の力で英語が読めるようになるフォニックスを広めたい」アメリカから帰国した松香洋子は、そのような強い願いのもと、前身である松香フォニックス研究所(MPI: Matsuka Phonics Institute)を設立しました。引用
http://www.mpi-j.co.jp/about/

 

オンライン英会話の教材は?
コースブックは使わないの?

「先生におまかせコース」では、レッスンを希望する先生の指示に従ってください。生徒さんが現在使っているものや使って欲しい教材がある場合は、運営事務局にご連絡ください。その教材を使って指導できる先生をこちらからご紹介させていただきます。

では、「レギュラーコース」のメイン教材は?

幼児クラスでは前回のブログでもご案内しました通り、「音」教材がとても大切なので英語の歌は使っていきます。それ以外のメインは、語いを増やすためのフラッシュカードです。生活に身近なものから学んでいきます。そして大切なのは単語を覚えるだけでなく、その単語を使って言葉のキャッチボールを楽しむことです。また、ゲームなのどを通して親しむことです。

小学生くらいのレベルでは、語いを増やしながら簡単な英語のやりとりに慣れ親しんでいくことが大切です。Sレッスンでは、「トピックカード」を中心にレッスンを進めます。

トピックカードとは、お天気の聞き方答え方、兄弟がいるかいないかの聞き方答え方、好きな動物が何かの聞き方答え方、…。こういった日常会話で必要なトピックを50表現集めたものを繰り返し、繰り返し、答えられるように、そして質問ができるように練習していきます。

格安レッスンをうたい文句にしている大手オンラインレッスンや通学形式の英会話教室では、Let’s Go、English Time、We Can、Super Kids といったコースブックを利用しているところがほとんどです。見栄えもいいですし、オーディオCDもついています。しかし、このコースブックだけに頼っているレッスンでは話せるようになりません。

Let's Go

えっ?

そうなんです。ニッセイト英語専門教室でも、この43年間、いろいろ試行錯誤のなかでメジャーな教材を使ってきました。こういったコースブックがあると教える立場からするととても楽です。今日はこのページを学習して、来週は次のページ、と進んでいけばいいのですから。

しかし、週に1回通う程度では、新しいことを覚えても前に学習いしたこと復習していかなければすぐに忘れてしまいます。コースブックはレベルによってだいたいBook 1~Book 6くらいまであります。だいたい、1年で1冊を想定して殆どの英会話スクールはカリキュラムを組んでいると思います。どのコースブックもBook 1~ Book 3 くらいまではそれ程難しくもなく、繰り返しが多くていいのですが、それ以降レベルは、高レベルを見せるため、高度な文法内容を多く取り入れ、非常に内容が難しくなります。小学生の英語教材として特に人気のあるLet’s Go シリーズでさえ、Book 6 などは、もう中学校3年の文法を中心とした内容で、とてもとても小学生が日常的な英会話を学ぶものになっていません。コースブックでのカリキュラムは、先に進まなければいけません。しかし、子どもたちは同じユニットを2~3回学習しただけでは覚えていられません。自分たちの学習経験からもお分かりですよね。しかし、見栄えの素晴らしいテキストを見ると、さもこれを学習していったら話せるようになると錯覚してしまうわけです(笑)。

決して、テキストが悪いと言っているわけではありません。テキストは素晴らしいです。でも、テキスト重視で、先に進むことを求められたカリキュラムの中では、知識は得られても話せるようにならないということです。

お分かりですよね。多くの日本人は中学校から英語の学習を初め少なくても高校まで6年間週に3時間~5時間勉強しながらもほとんどが話せるようになっていません。とても難解な文法問題ばかりをやるため、「言葉として使えた!」という感動を得ることは難しく、どちらかというと英語嫌いの人を増やしてしまっています。

ですから私たちは考えました。文法は文法で別に難しいことを勉強し、読解力や語彙力を養えばいい。受験対策も大切です。しかし、英会話はもっともっと知っている単語や表現を使う練習をしなければ話せるようにはならないのです。英語を言葉として使えることの素晴らしさ、喜び、感動を伝えていくべきだと。

トピックカードは、人と人が出会った時の会話に必要な表現や、自己紹介に必要な表現、日常会話として良く使う表現を絞り込み、そのカードを題材に質問の練習や答え方を何度も何度も繰り返し練習し、定着させます。このトピックカードはレッスン中は無料で使うことができ、ご家庭で家庭学習として使いたい方は、PDFとして格安でダウンロードすることもできます。

Topics-10

 

英語学習の臨界期って何?

臨界期とは、ある時期を過ぎるとその後学習が上達しなくなる限界の時期のこと言います(sensitive period、もしくはcritical periodとも言われます)。「ある期間までに学ばなければならないことを逃したら、一生身につかない」というのが臨界期説です。

この説は、英会話学習に関してよくたとえられています。言語を習得するのに適した年齢があり、その年齢を過ぎると言語習得能力が極端に落ちると言った事象です。

では、それは何才かくらいか?

10才を過ぎたころから、言語を習得する能力は極端に落ちるという研究結果が発表されています。ですので、一般に10才~12才が言葉を覚える臨界期と言われています。

ということは、中学校からでは遅すぎるのです。無理ではないのですが、周波数の全く異なる日本語と英語の聞き分けは非常に困難だということです。日本語に無い音は、そもそも人間の脳は雑音としかとらえないのです。中学生以降に英語を学習した人が、「f」「v」「th」の聞き分けられるようになるなることや発音ができるようになるには、幼児が必要とする時間の何倍も、何十倍も努力が必要になるということです。

critical_period-01

 

臨界期を唱えたのはLennebergという学者です。もともとは失語症の研究がもとになっています。

日本語の周波数は125ヘルツ~1500ヘルツなのに対し、英語は2000ヘルツ~12,000ヘルツです。生まれた赤ちゃんは、環境が与えられればどんな言語でも話せるようになります。遺伝は関係ありません。人間の脳は必要とされる細胞を活性化させます。不要な細胞は退化していきます。国際結婚をされ、ご両親が別言語の環境で育ったお子さんたちが証明しています。一時期は、情報量が多く混乱する時期もあります。しかし、その混乱も時間の経過とともに整理され、英語で話しかえられれば英語で、日本語で話しかけられれば英語で自然にスイッチが切り替えてくれます。それだけ、人間の脳は崇高にできているということです。

英語、英会話を習うのに日本人講師がいいか、ネイティブ講師がいいか、といった質問がよくされます。
ネイティブ講師がいいという理由に発音が良くなるからという人がいます。
これは、誤解を恐れないで言えば間違いです。
日本人講師に習っている生徒さんの方が発音がとってもきれいな場合があります。
なぜ?

どれだけネイティブの音を聞いたかが大切なのです。
日本人の先生に習っていても、家庭学習でCDをたくさん聴いている生徒さん、
DVDや視聴覚教材で英語の音をたくさん聴いている生徒さんはネイティブに近い発音で英語を話します。

ですから、オンライン英会話であれ、英会話教室に通うのであれ、きれいな発音で英語を話せるようになって欲しいと考えるならば、たくさん「英語の音」を聴かせてあげてください。

 

オンライン英会話で幼児のオススメ英語教材は?

幼少期から英語を始めるメリットのひとつは音声的なものにあります。ですから、この時期はたくさんの英語の音を聴いてください。一番手軽なのは、英語圏の子どもたちが小さい頃から親しんでいる童謡です。マザーグースとしても知られています。お子さんが小さい頃にお母さんがよく歌ってくれた歌は、いつになっても覚えているものです。

日本語でもそうですよね。「ぞうさん」「カラス」「春がきた」「雪やこんこん」・・・などなど、小さい頃に親しんだ歌は忘れないですよね。

英語にもそんな歌がたくさんあります。歌は、英語のリズム感やイントネーション、発音を学習するのにも最適です。難しいフレーズも簡単に覚えてしまったりします。たくさん聞いて、英語の音感を養って欲しいと思います。

数ある英語の歌のCDの中で、Sレッスンのレギュラーコースで採用しているのが『Songs and Chants』(mpi<旧松香フォニックス研究所>出版)です。ごあいさつの歌、曜日や月の名前を覚える歌など、全36曲が収録されています。こちらは、DVDも販売されていますので、映像を見ながら、お母さんとお子さんと一緒に楽しんでいただける最高の教材です。

オンライン英会話【Sレッスン】のレギュラーコースの幼児科【Primary】では、こういった歌にも毎回親しみながら、語いを増やし、簡単なやり取りを先生とできるように指導します。楽しくなくては、英語は続きませんからね。

image014

中学英語準備をして欲しい

こんなお問い合わせをいただきました。

---------------------------------

小六の娘です。
レッスン日の希望は、
月、火、木の5時半以降で受講したいです。
中学に向けての英語を勉強しようと思いましたが、普通の教室のグループレッスンでは、かなりすすんでいるので、オンラインのレッスンを考えました。
今は アルファベットが分かるくらい、普段は小学校の授業でする程度です。
出来れば、日本語の分かる先生でお願いしたいです。
スケジュールの合うおすすめの、先生がいましたら、一度体験をお願いします。

---------------------------------

確かにです。中学校に進学すれば「教科」として始まる英語。しかし、そのスタートラインはバラバラです。英語を小さい頃から習い、中学入学時点で英検3級を合格している子もいれば、まったくお遊びでしか触れていない生徒さんもいます。公立の小学校ではその子たちが同じクラスで一斉に学ぶのですから先生の苦労も目に浮かびます。

ただ、そこで一番かわいそうなケースが、準備をしてこなかった生徒さんは置いてきぼりをくってしまうということです。現在は多くの生徒さんが中学校入学前にある程度準備をしてきます。レッスンの進行も大方の生徒の理解に合わせて進んでいきますので、あっというまに高度な学習を要求されるようになります。ひとつつまずいてしまうともうそこからは苦痛以外の何物でもない、といった状態になりかねません。

準備しようと思っても、ほとんどの英会話教室のグループレッスンは既にかなり進んでいて新規の小学校6年生を受け入れられる可能性は低いです。そうすると選択肢としては、学習塾か個別指導塾になります。

個別指導塾では、アルバイトの大学生が同じ時間に数名の生徒を同時に担当します。授業料は1時間当たり2,000円~3,000円くらい。でも、できるなら英語は英語のプロに習いたいものです。
でもそんな先生がいるの?
います!

Skypeでしたら可能です。
育児で職場をお休みしている先生、
親の介護で外での仕事を断念した先生、
自宅で英語を教えながらも、まだ時間的に余裕のある先生、
サイドビジネスとして夕方等に時間の取れる先生、
外で働くことはできなくても、自宅でなら教えられる先生がたくさんいます。

Skypeでしたら、
近くに英語教室の全くない郊外に住まわれている人も、
日々他の習い事や塾の勉強に忙しく時間の取れない人も、
優秀なプロの先生のレッスンを1対1のプライベートで受けることができます。
しかも、格安で。


Skype利用に関するアンケート結果

ニッセイト英語専門教室に通う500名の生徒さん、保護者の皆さまに「Skype利用に関するアンケート」を実施しました。
Skype-surveySkype を知っている人は82%
Skype を使える環境にある人が38%
Skype を使ったことがある人は26%

という回答結果でした。
名前こそ知っているものの、まだまだ使っている人はほんのわずかです。
テレビ電話という夢のようなハイテクで、グローバルなビジネス展開をされている企業ではなくてはならないものになっていますが、一般庶民の日常生活における必要性はまだ限られているようです。

これから新たな使い方の提案が示されれば、あっという間に普及する可能性を秘めています。
Skypeのビデオ通話が開始されたのが2006年です。ですからオンライン英会話の歴史はまだ10年経っていません。しかし、この間、急速に広まり現在利用者は世界で400万人だそうです。

今、オンライン英会話は、フィリピン在住の講師を採用した低料金が主流ではありますが、今後は、もっと違った価値観が台頭してくることでしょう。日本には何十年に渡って英語教室を展開し、その質の高い英会話教室がたくさんあります。日本人の弱点を知る日本人講師の存在も欠かせません。ネイティブと話すと言っても欧米諸国の外国人を目の前にした時に臆するようでは、外国人講師に習っている意義も半減してしまいます。英語学習の初心者が英会話の練習をするのでしたら、日本人の悪い癖を知り、アドバイスできるバイリンガル講師の方が学習効率は高いと思います。グローバル社会の中では、英語はいろいろな国の人との共通言語として存在しています。国により、アクセントや発音に微妙な違いもあります。Skypeでは、こういった人たちと出会い、コミュニケーションを取ることができるのが醍醐味でもあります。しかし、まだこういったサービスを打ち出しているスクールは希少です。ですから、これからオンライン英会話のスタイルもいろいろな提案がなされてくることと思います。

Sレッスンも、これまでニッセイト英語専門教室で42年間培ったノウハウをもとに、これからのSkypeを使ったオンライン英会話、英語学習の提案を試みていく所存です。

 

 

Trick or Treat! 

10月31日は、ハロウィンですね。ハロウィンは元来、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い払う宗教的な意味合いのある行事でした。しかし、現代では特に祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどな、庶民の行事として定着しています。

ニッセイト英語専門教室では、もう30年前くらいから異文化体験として、この行事を組み入れています。子どもたちは仮装をし、商店街をパレードしています。

Halloween (ハロウィン) の合言葉でもある、 ”Trick or Treat (トリック オア トリート)” って聞いたことはありますよね。”Trick (トリック)” とは”いたずら” のことで、”Treat (トリート)” は ”お菓子” のことで、”Trick or Treat (トリック オア トリート)” で”お菓子をくれないといたずらするぞ!” という意味になります。

ニッセイト英語専門教室のパーティーでも、子どもたちはお菓子をたくさん手に大喜びでした。

halloween1_2

現役で翻訳、通訳をされている先生に習ってみませんか?

この度、日本人男性のハッシー先生に登録いただきました。ハッシー先生は海外を飛び回っている現役バリバリの翻訳家、そして通訳です。当然、英検1級も持っていらっしゃいます。
ハッシー先生は、日本人が世界で通用させるための英語のコツも心得ています。所属する機関で新人スタッフの英会話研修にも携わってきました。現場力の英語、実践英語、ビジネス英語、また、英検対策や英作文にご関心のある方はぜひ、受講されてみてください。